一粒の麦

salixdays.exblog.jp
ブログトップ

タグ:料理 ( 9 ) タグの人気記事


2013年 07月 11日

7月のフレンチ講座

今週は月曜に本校の教室認定セミナー、
水曜、川越で教室研究会、
今日は三郷のフレンチ講座と、出る用事が多い・・・暑い。

d0209553_2171847.jpg今日のメニューはミネストローネとスズキのカルパッチョ。
活締めのスズキは、助手君がさばいてくれました。
小出刃ですいすい。
見てて小気味よい♪
この後、シェフが下味をつけて、冷蔵庫へGO!


d0209553_2173567.jpgスタンバイしているミネストローネの野菜。
奥のナスは、松戸産。
新潟は丸ナスをよく作る(というか、在来種)のですが、関東でも作ってる人がいるんですね。
手前のサツマイモっぽいのは、実はジャガイモ。
私も騙されましたが、レッドスキンポテトの一種みたいです。
形もサツマイモ、切った中の色も淡黄色で、本当にサツマイモそっくり。
でも、そういえば、中心に大きいジャガイモ特有の穴が空いていて、あれ?? と思ったのですが、まるっきり気づきませんでしたよ。


d0209553_2172678.jpg生徒みんなで野菜の角切り。
今日は残念なことに3名しか出席者がいなかったので、
一人当たりの作業がそれなりにありました。
超切れる包丁で、サクサク野菜を切るのは、
緊張したけど楽しかった〜
手入れの良い道具って、幸せだなぁ。


d0209553_2172997.jpgカッコよく盛ってある枝豆ですが、
あとで全部剥きました。
カルパッチョの付け合せという運命。


d0209553_2173179.jpgミネストローネのために、まずニンニクを炒め始めるシェフ。
弱火でじっくり油に香りを移して、
その油で野菜をこれまたじっくり炒めます。
決して急がず、焦がさず、野菜の甘味を引き出すように。

・・・色々反省。
私、せっかち過ぎでした。すいません。
関西系の人に、
『先生、イラですね」と言われたことあります。
つい、火を強くしてしまうんだよなぁ、これが。



さて、この後、カメラの電池が切れまして、写真が・・・
事務所のイオスで撮ったのですが、まだ写真を送ってもらってないので、写真なしです。
イオスは扱いがようわからんので、おまかせで撮ったから、なかなか不本意な出来。
しかも、レンズがズームなので・・・・
止めよう、借り物の悪口は。

そんな訳で、多分30分ぐらいシェフの野菜炒め工程をずっと見てました。
炒め方にも意味がある。
投入順にも意味がある。
地中海世界の料理はインドまで繋がっている。

(方法論がインドもイタ飯も同じ)


IHはあんまり暑くなくていいなぁ。
ただ、発熱源が丸で描いてあるだけなので、
シェフが話しながら鍋あおってると、
鍋の位置が段々ズレていくのが、ちょっと難点
かもね。

私はこの20年ぐらい、ほとんど外食しなかったので、
外でカルパッチョって、食べたことありませんでした。
大体、カルパッチョて牛肉だよね??

てなわけで、スズキのカルパッチョが初体験。
スズキを切るときも、シェフに
「薄すぎ〜、それじゃ薄造りだよ?」
なんて言われて、
あぁ、カルパッチョと薄造りは違うのか、と知りました。

例によって盛り込みは各自のセンスで。
三人三様のお皿となりましたが、
それぞれに美しい一皿が完成して良かった。
前回は我ながらちょっとね、という感じだったので。

ミネストローネは、チーズとオリーブオイルが最後に入って味が大化け。
どっちかというと、私はチーズは入らない方が好みだな。
歳のせいか、コクがあるより、野菜の旨さが身に染みるような料理が好きになってきた。
昔は濃いのが好きだったけどね。

そんな訳で、今月も大変美味しゅうございました
来月はどうしても来れないのでお休み、ということで、
次回は9月。
乞う、ご期待!

[PR]

by salix-kyo | 2013-07-11 22:07 | 三郷キッチン倶楽部
2013年 06月 14日

三郷のフレンチ講座

d0209553_104135.jpg昨日は、三郷のキッチン倶楽部での、
第1回田島シェフのフレンチ講座 でした。
松戸の方でもやっていらっしゃるのですが、
曜日が合わなくてずっと行けなくて、
いつかチャンスがあったら行きたいな〜と思っていました。
三郷なら、松戸より近いしね♪

d0209553_10494154.jpg開始15分前に着くと、もう準備万端整って、
お客様も半分ぐらい見えていて、
目に見えないやる気が充満してる感じでした。


d0209553_10545127.jpg第1回、ということで、
野菜の茹で方のレクチャーから始まりました。
温野菜のサラダや付け合せ用野菜の
下処理や茹で方のコツ、茹でる順番など
普段見落としそうな事を丁寧に説明してくれながら
手は常に動かして、助手に指示を入れるシェフ。
SUGEEE!

d0209553_10582855.jpg超切れる包丁で、
目にも留まらぬ早業で
赤玉ねぎを薄切りにするシェフ。
アーティスティックな技で、
見ていて飽きないよ〜


・・・包丁研がなきゃ・・・

d0209553_1121395.jpgスタンバイしているマヨネーズの材料。

フレンチだからね〜♪
砂糖は入らないの〜♪

d0209553_112823.jpg今度は基本のマヨネーズの作り方。
少しづつ油を加えながら、
ひたすら泡だて器で混ぜる。
うっかり分離しちゃった時の対処法も
伝授して頂きましたよ〜

ところで・・・
バ、バーミックスじゃダメですか?

d0209553_1121540.jpg出来上がりを試食♪
この後、色々材料を足すと
どのように味が変化するのか
違いを舌でたしかめました。

d0209553_11530100.jpg肉登場。
肉の焼き方をしっかりと伝授。
これは地鶏だったけど、
特売のお肉でもきっと美味しく焼けるよね?

d0209553_1153549.jpg30分ぐらいかけて
(途中電磁調理器の操作ミスなどありまして・・)
こんがり焼き色をつけましたよ〜

d0209553_1184441.jpgその後は、サラダの盛り込み。

d0209553_1184713.jpgさすが、シェフは美しい。
この後、それぞれ自分の分を盛り込みました。

自分のヤツも写真撮ったけど、
まぁいいよね、載せなくて・・・

シェフのと比べると、
やっぱり量が多いんだよなぁ。
大きいつづら絶対取るタイプだね。

d0209553_1184994.jpg続々完成品が並べられていきます。
これを、マヨネーズとフレンチドレッシングで頂きます。

野菜の味が濃い!
ドレッシングも、しっかりした味で美味しい!!

d0209553_11121882.jpg私たちがもりもりサラダを食べている間に、
シェフと助手君は労働してくれて
食べ終わる頃に出てきたのが鶏モモロースト。

カリカリ&ジューシー!
マヨネーズにシェリーヴィネガーで風味付けしたソースでしたが
私にはちょっと重かった。
バジルソースやバルサミコソースだとイタリアンになっちゃうかな?

炭水化物のないランチだったけど、
ものすごくお腹いっぱいになりました。



行ってよかった〜
ものすごく勉強になりました。
本で知っていたことの裏付けが取れたり、
新しく知った事、
プロの準備と先々を考えての段取りなど
動きをみているだけで、得るものが沢山あって、
その上美味しいランチも食べられて。

来月も楽しみだ〜♪
[PR]

by salix-kyo | 2013-06-14 11:22 | 三郷キッチン倶楽部
2013年 06月 03日

最近の流行りもの

といっても、世間的な流行りじゃなく、マイブームです。
・・・この言い方は古いのかな??

d0209553_14161590.jpgはい、スパム&ラタトゥイユ丼。
この辺じゃ有名(?)な安売りの店でうっかり買ってしまったスパム
今や迷惑メールの代名詞となっているあのスパムの語源の肉缶詰ですよ。
コイツに最近ハマってまして、息子たちに嫌がられてます。
弁当に入れるので。
これは先週のお昼ごはん。
カリッと焼いたスパムを丼ご飯の上に乗せ、前日の残りのラタトゥイユをかけてトマトの酸味を合わせてみました・・・
別にオシャレじゃないけどね、ウマイ。


d0209553_14162935.jpgこっちは本日のお昼ごはん。
カリッと焼いたスパムに多めの油でじっくり焼いたナスをあわせ、
賞味期限が2年ほど切れたエ◯ラさんで味を付けました。(って、オイ!)
おいちかったよ?
ご飯の下まで油シミてましたが。
こういうの食べてウマイって感じるなんて、健康だ〜

いやね、2週間ほど前、ものすんごい胃腸炎をやって、10日くらい調子が悪かったので。
食べ物が美味しく食べられるのは、幸せなことだなぁ。




d0209553_14175126.jpgあんまりスパムばっかじゃアレなんで、お菓子関係もちょっと。
最近、ミルクフランスって食べてみたいな〜と思っているんですが、ほとんどパン屋に行かないので、とりあえず間に挟むクリームを作ってみようとググりました。
色々あったんですが、それらを参考に、単純なレシピにしてみたら、超ウマウマ〜

無塩バター:練乳を1:1で練り合わせるだけ。

簡単だけど最凶の組み合わせ。止まりませんよ、これ。
パンに付けてもよし、スコーンに付けてもよし。
あぁ、胚芽ビスケットにはさんでもおいちいだろうなぁ〜
フランスパンじゃなくて、牛乳で練った柔らかいパンにはさんで食べたいよ〜

ぜひ、いちごの残りの練乳でやってみてください。
後悔するほどウマイです。


d0209553_1417494.jpg昨日の夜に作ったロールケーキ。
朝、切ったんですが、なんでもう4切れ・・・この後私が1切れ食べたんで、3切れしかないんでしょう・・・
相変わらず、こういうものは作っても作ってもすぐなくなる。
多分、良い事なんだろうけどさぁ。24時間ぐらいは残っててほしいよなぁ。


この間、レーズン酵母起こそうとしたんだけど、3日たってもシュワシュワしなくて、5日目ぐらいにようやくちょっと泡が出てきたと思ったら、なんかドブ臭いの。
泣きながら捨ててまた起こしています。
今までこんなことなかったから、ちょっとショック。
ちゃんとビンは消毒したから、レーズンにヘンなのが付いていたのかなぁ。

ごまさばちゃんのブログが終了かも、ということなんで、慌てて半年分読んでます。
ほんと、この半年・・・というか、去年の9月からパン関係のブログは全然伺ってなくて、ようやくごまさばちゃんの読んでないとこ終わった〜
アメリアさんは春先におこちゃまが入院して、さとみなちゃんはおこちゃまが指はさんで縫って、あ"あ"〜ママ辛そうだ〜感満載で・・・
みんなマメに更新してるから、読むのが大変で楽しい、おもつらい。
まだGOさんやパニーさんのとこも行ってないし・・・

いやいや、別にノルマじゃないよね。
でも、自分が落ちてた間の他の人の歩みを読ませてもらうと、リアルタイムで読んでいればよかったなぁ、って思いました。

まあ、秋からこっち、パンに向かなかった気持ちがようやくまた戻ってきたってことなんだから、自分のペースでまた始めればいいよね。

ではまた。
[PR]

by salix-kyo | 2013-06-03 15:14
2013年 05月 31日

お久しぶりです

d0209553_9551135.jpg

いや〜、半年ぶりの更新ですよ。
パンは相変わらず焼いていましたが、なんかエキサイトにログインするのがイヤで、ずっとほったらかしにしていました。
来てくださった方々、申し訳ありません。

トップの写真は今日のお弁当です。
息子1と息子2に、それぞれハンバーガー2個ずつ。
あと、ダンナにはハムバーガー。パテが足りなかったので。えへ。
割と軽いので、2個ぐらいぺろ、です。

d0209553_9555044.jpgこの半年、まぁ色々あったわけですが、息子2はなんとかFOSEI大学に合格!
ウチでは一番おミソ扱いだったので、びっくりですよ。
やっぱり高校は、私立がいい!
県立入ってたら、絶対無理だった。
入る時同じぐらいの県立と私立だったら、真面目にやっていれば、出る時は間違いなく私立のほうが上で出るよ〜 というのが、県立と私立にやった私の感想。
まぁ、トップクラスの学校だったら県立でも大丈夫なのかも、だけどね〜


d0209553_9552485.jpgさて、最近ウチの教室に来ている方のオジサン(叔か伯かよくわからないので、カタカナで)が、三郷にキッチンのショウルームを開設したので、そのお手伝いを今後する運びとなりました。
5月9日にオープンだったので、その様子を。

写真は、フレンチのシェフ、田島さん。
松戸で田島亭というレストラン(というかフレンチ居酒屋??)をやってらっしゃいます。
当日は、お料理を次々作っていって、それを試食する(というかお相伴に預かる)スタイル。

見かけはプロレスラーかラガーマンのような印象なんですが、作るお料理は、さすがフレンチのシェフ、しかも日本人! という感じでした。
良い感じに日本人が作るフレンチで、ご本人の豪快さと繊細さが同居してるお料理で、美味しかった〜


d0209553_9552275.jpg当日振舞われたお料理。
レバーペーストとピクルスが、ものすごく美味しかったです。
いちごアイスを食べ損なったのが悔やまれる・・・

毎月第2木曜日に田島シェフのフレンチ教室があるので、私も申し込んでしまいました。
自分のスキルアップになればいいなぁ。

私は第1金曜と第3火曜に、とりあえず初心者クラスを始める予定です。
三郷近辺のかた、ご興味ありましたらどうぞ。
今なら格安です。


自宅教室の方は結構過疎ってて、最近は(めぐみも含めて)出仕事が多いのですが、しばらくはこんな感じなのかな〜
出不精な私としては、家で仕事したいんだけどね。
もう少ししたらまた新しい人が入りそうな気配なので、それに期待。

天然酵母は、先日起こした超Goodなやつが、胃腸炎で1週間倒れてた時にお亡くなりになり orz・・・
今、次のを起こしているんだけど、3日めでもうんともすんとも言わないよ〜
ちゃんとビンは消毒したのにな〜
酵母はあなた任せの部分もあるから、待つしかないよね。

そんな感じで、ぼちぼちやってます。
さっき、ごまさばちゃんのブログへ行ったら、長期休止 or 終了のお知らせがあって、大ショック!
なんだか居ても立ってもいられなくて、久々の更新になりました。
今後ともよろしく。
[PR]

by salix-kyo | 2013-05-31 10:45 | いろいろ
2012年 02月 13日

久々、自宅パン教室

今日は10日ぶりぐらいに自宅教室でした。
先週はもともとほとんど予定が入っていなかったのですが、風邪が後を引いていたので結果オーライというか、空いててよかったというか・・・
メニューはデニッシュとバターフレーキーだったのですが、またもや
「お疲れ様でした〜」
と生徒さんを送り、ドアを閉めた瞬間写真を撮るのを忘れた事を思い出したのでした。あ〜あ。

授業で折り込み3回やったのに、自家用にもう1ラウンドクロワッサンの生地を仕込んだはいいのですが、途中息子が帰ってきて(大学は学生の期末テスト期間)お昼ごはんを要求されたり、うっかり行った任天堂の最新情報で「社長が訊く」(私の愛読サイト)に引っ掛かっちゃたりして、5時頃ようやく3回目の折り込みです。これじゃ写真は間に合いませんな・・・

d0209553_17225069.jpgそんなわけで、今日はパン写真はなしです。
その代わり、と言ってはナンですが鍋だ。
なんも代わり映えしない鍋ですが、今年のうちの鍋のトレンド(?)はすいとん。
場所によってひっつみとかへちょこ団子とか色々名前はあるみたいですが、すいとん。
実は私、すいとんが苦手で、作ったことがありませんでした。
というのも、うちのハハがですね、すいとんをクリームシチューに入れるという和洋折衷の高度なハイテクニックを繰り出してくれたおかげで、私ず〜〜〜っとすいとんに対してかなりひどい偏見があったんです。
だって、シチューにすいとんですよ? じゃがいもだと思って食べると柔らかい、あの裏切られ感がずっと後を引いていたのです。
でも、何年か前にほうとうを食べたり、出先でおすましに入ったすいとんを少し頂いたりして、悪くないかも、と思って鍋に入れてみたのです。
そうしたら、男組の食いつきがハンパなくよかった


d0209553_17224831.jpgおかげで今年はほとんどすいとん入りの鍋となっています。
出先で頂いた時作り方を聞いたら、
「小麦粉だけじゃなくて、片栗粉を2割ぐらい入れる」
ということでした。片栗粉を入れることによって、つるっとした食感が得られるのだそうです。
何度かつくっているうちに、ちょっとひらめいたのは、
「もともと地粉で作られていたものだよね?」
ということ。
そこで、あの使いづらいと有名な(?)江別のERを2〜3割加えると、これがなかなか良かったのです。
みなさん、持て余したERは、すいとんに混入しましょう!
結局おおまかな配合は
 薄力粉:ER:片栗粉=5:3:2  で、それに塩1つまみです。水は適当。
多分、農林61号とか、南部小麦とかでもいいと思います。



d0209553_17225481.jpgこれはうちのパンを冷ますカゴです。
この間、久々に洗ってさっぱりさせました。
これは10年以上前に群馬県中里村(現神流町)の恐竜センターへ行った時に買った物です。
1回行って小さい方を買い、次の年にもう一度行って大きい方を買いました。
本当はもう一つほしいのだけど、今は車がないし子供達もそういうお年頃でもないので、もう買えないんだろうなぁ。
売ってる人が、作れる人があまりいない、当時言ってたし。
もう売ってないかもしれない。
先日おうちを建てるランキングから飛んだ所にカゴの話題が出ていたので(どこだったか既に不明)私もちょっと書いておきたいと思いました。
地元の竹を組んだもので、とても丈夫です。
教室には専用のパンかごも売ってますが、こっちの方が国産! というオーラがにじみ出ております。
[PR]

by salix-kyo | 2012-02-13 17:55 | 料理
2011年 04月 12日

チーム☆クランペット

3月の終わりに、nanaさんのブログに「クランペット」というお菓子が紹介されていました。
クランペット・・・私にとっては、イギリスの子供向けの本にたまに出てくる、名前は知っているけれど、正体不明のたべもの。
その実体は、イーストでふくらませるパンケーキ。
積年の疑問一挙解決の日でした。

考えてみると、物語に出てくる食べ物は、イギリスの子供達がいつもよく食べているものだから、それについての解説なんか、書いてあるわけないんですよね。
日本の物語におむすびの説明が書いてないのと同じです。
でも、子供の頃に読んでいたお話の中に出てくる、よくわからない食べ物の実体が判明したのは25歳を過ぎた頃からでした。
子供の頃は、何を想い描いてその場面を読んでいたのかな??
クランペット、ミンスパイ、パーキン・・・日本の子供にはイメージするのが難しい食べ物の数々。

d0209553_1303816.jpg

こちらが、nanaさんのレシピを参考に作ったクランペット。
一見パンケーキ風ですが、もっともちもちした食感で、味もとてもあっさりしています。

nanaさんの、チーム☆クランペット結成! の呼びかけに答えたkotamiyaさんのガレット風やクレープ風を横目で見ながら、まずはシンプルで小さめの、フツウのやつを。


d0209553_1311861.jpgこっちはセルクルを使って厚めに焼いたもの。
火が通りづらいかな? と思ってフライパンにフタをして焼きました。
右奥にちょっと見えるシフォンナイフで型から外した時、周りがボロッとしてちょっと残念。
ショートニング、塗ったのになぁ・・・

d0209553_134366.jpg現在焼いてます、の図。
上の写真と順番が逆だったかな?
細かいことを気にするのは止めよう!
底はカリカリ、中はもちもち、香りはなんだか中華まん?
薄焼きのパンケーキ風とはひと味違ったおいしさでした。
ちなみに、私は粉の2割をフランスパン用の粉に変えて作りました。
・・・いえ、ちょっとでもフランスパン用粉を消費しようと思って。

ここまで書いたところでHOSIZORA DININGの舞美さんのところへおじゃましたら、
 トマトクランペットでサラダガレット
なんてものが。
すごいオリジナリティ・・・
しかも美味しそう☆

子育てしながら会社で仕事した上に、美味しそうなお料理を作ってブログにアップするなんて。
みんな、えらいよ!!

[PR]

by salix-kyo | 2011-04-12 13:50 | 料理
2011年 02月 22日

今日は味噌の日

もう十年くらい、冬に味噌を仕込んでいます。
買うと結構高いものにつくし、麹を買えばほとんど失敗がないので、1年に1日だけ頑張って仕込んで、あとは麹かび(もやしもん的にはオリゼー)たちに働いてもらっています。今年は大豆2㎏、麹2㎏で仕込みました。ここ2年ほど3㎏づつ仕込んでいたのですが、少しあまり気味だったので減らしました。
朝、水につけた大豆を見たら、まだ給水が十分ではないようだったので、もう少し待って10時半頃から煮はじめたので煮上がりは3時頃でした。
少しさましてから豆をつぶそうかと思っていたら、消防車の音が。
ウチの前の通りは救急車通りで、しょっちゅうサイレンを鳴らせた車が走っているのですが、今日はいつもと違う方から音がしたので、ベランダに出てみると・・
d0209553_054933.jpg

なんとかなり本格的な(?)火事
うちからは1㎞ぐらいは離れていたようなのですが、去年の年明けにもご町内で2件の火事があったので、また今年も火事の煙を目撃してしまいました。(去年の火事はすごかった。)
消防車が通って少ししてから煙はおさまったのですが、どんな状況なのかわからず心配です。


d0209553_23583045.jpgさて、2㎏の豆をつぶすのに使うのは、パンのベンチタイムに使う番重というプラスチックの箱。これが平らで大きくて使いやすい。それからポテトマッシャー
番重を床に置いて、体重をかけてマッシャーでつぶすと、それほど苦もなく2㎏の豆が粗めのペーストになります。
ヒマな息子にさせようと思っていたら、こういう時に限って昼寝してるし。チッ。

d0209553_0295360.jpgこちらは塩切り麹
1㎏の麹に460gの塩をなるべく均一になるように混ぜておきます。
これを2単位作って、さっきの大豆ペーストに混ぜ、ゆで汁で固さを調整します。
あとは、ソフトボールぐらいの大きさに丸めた味噌を、容器に打ち付けるように詰めていきます。
このへんの工程は手がねたねたなので、写真は撮れませんでした。スタートが遅くて暗くなっていたし・・・。
最後に残った塩を上に振って、ラップで表面を覆ってから蓋をして、あとは9月まで見ない振りをする!
上下返すとか、上に重しをのせるとか、いろいろ人によってあるようですが、私は何もしません。
9月に開けて、かびがはえていたらそこだけ除いてできあがりです。

私は乾燥麹を買うので寒仕込み(厳密には立春前)ですが、知り合いのお祖母様はご自分で麹を作るので、6月頃に仕込むそうです。麹の花が咲く、という状態を自分で作れるなんて、すごい!

[PR]

by salix-kyo | 2011-02-22 00:59 | 料理
2011年 02月 01日

ようやく休日

1月後半の大忙しがようやく終わり、月、火、水と休みです。
なにしろ12日からこっち、19に一日休みがあっただけで(しかも、ダンナは家にいた)ずーっと仕事か出掛ける用事があったので、かなりヘロヘロしています。
その間に少しづつ撮った写真があるので、まとめ載せです。
d0209553_17512025.jpg

これは土曜日のランチ。かき揚げとぶたしゃぶ乗せうどん。
このかき揚げの緑の葉、実はかぶの葉なのです。
以前、お友達のひさごんのおうちでお昼をごちそうになったとき、大根葉といかのかき揚げが出てきて、これ、いいアイディア!
大根葉やかぶの葉の消費方法にちりめんじゃこと炒める、というのがよくありますが、ウチはしらす、ちりめんじゃこが駄目な人が二人もいるので、いつももったいないと思いつつ、捨てていました。
が、このかき揚げを会得してから、葉っぱを捨てる頻度が減りました。
こつは、天ぷら衣を作ってかき揚げにすること。
粉をまぶして水を加えるかき揚げの作り方では、葉がばりばりに揚がって、粉みじんになってしまうので、天ぷら衣でコーティングすると、うまくいきます。
ひさごんはいかと合わせましたが、私は桜エビと。小柱でも合いそうです。
かぶや大根の葉っぱを持て余している方、どうぞお試しを。

d0209553_1817578.jpgこちらは日曜に教会に持って行ったりんごロール
フジを砂糖とシナモンで煮て、水分が飛んだ所にレーズンとアーモンドプードルを加えます。
アーモンドプードルは、水分を吸わせるため。なので、分量は適当です。
大きめに伸ばした生地に広げ、巻き込んで切る、シナモンロールの作り方で成型します。

d0209553_18225127.jpgこちらはグレーズをかけてパックしたところ。
女の子たちや、ママたちが群がってきました。
この時は、寝坊したのでトマトとバジルのスティックは作れなくて、残念。
楽しみにしていた人もいたみたいなので、来週は早起きしなくては。

私は沢山作りたい方なので、食べてくれる人がいるのはうれしいなぁ。

[PR]

by salix-kyo | 2011-02-01 18:30 | パン
2011年 01月 27日

ナベが壊れた!

昨日、ナベが壊れてしまった・・・
d0209553_14161540.jpg


結婚して二十数年、使い続けたナベでした。
ビタクラフトだから丈夫だと思っていたのに、甘かった。
ほうれん草をゆでこぼそうと取っ手を持った途端、
ポッキリ折れました。
運んでいる途中じゃなかっただけよかった。
持ち上げた次の瞬間だったら、絶対ヤケドしてた。
・・・でも、やっぱりショック〜 使いやすかったのに・・・

本体は無事なので、しばらくはご飯炊いたり煮物を作ったりに使おうと思いますが・・・
入試時期でゆきちに羽が生えて飛んでいってるというのに・・・あぁ・・



[PR]

by salix-kyo | 2011-01-27 14:26 | 料理