タグ:写真 ( 4 ) タグの人気記事


2012年 03月 14日

今日はめぐみパン教室

すみません、タイトルの割に、教室風景はありません。
なぜならカメラを忘れたから。
今日は隣の和室でママのための写真教室もやっていました。
新生児をテーマにモノクロで撮影をされている Shiworiさんを講師に、3人のママと1歳前後の赤ちゃんズ。パンのほうも生徒3人と0〜3歳のやんちゃさん中心で、それはそれは喉の痛くなる教室でした。
授業しながら
「テーブル乗るなぁ〜」
「さわらない!」

などと、めいっぱい怒鳴りまくっておりました。
しかし、子供達がどんなに騒いでも、ママ達は子供声キャンセルフィルター内蔵で、めちゃめちゃしゃべっておりましたよ。昔は私もそんな感じだったなぁ。
ちなみに4月の写真教室は17日(火)で、まだ空きはありそうです(3人限定)。

今月は、試作&撮影予定の1、2週がことごとく雨か曇りで、めぐみ教室のお知らせのための写真をアップできなかったので、図々しくも Shiworiさんに撮影を頼んでしまいました。
本当は、プロに物撮り(ブツドリ)を頼むと何万円もかかるのですが、ピロシキとマフィンのランチで手を打っていただきました。申し訳ない。(ま、コンパクトカメラだったし)
その写真は・・・こちら。
d0209553_8152980.jpg

私、絶対こんなの撮れない。さすがプロ!

ちなみに、ウチのカメラはボディがペンタックスのK10で、レンズがフレクトゴン2.4/35㎜です。実質50㎜ですが。

d0209553_0235654.jpgさて、今日のうちパン。夜の10時半焼き上がり。我ながらよくやるよ。
1年ぶりのベーグルは割れた・・・ホイロ不足ですな。
粉は鳥越のフランス70%に江別のER30%ぐらいです。
一次発酵(おおむね30分で少し短め)が終わってこね機から生地を出したら、羽根の下からかなり多めのイースト塊が出土! なんてこった!
でもちゃんと膨らんだから、思ったほどのダメージではなかったようでした。
ベーグルの生地は硬いので、こういうことがあるのを忘れてました。丁寧な生地作り・・・
結果オーライだよ。きれいに焼けたし。
同時にケーキでバタバタしていたのが原因でしょう。

d0209553_024238.jpgその原因ケーキ。なんか病気っぽい写真ですな。
生地はキャトルカールで砂糖2割少なめ、芥子の実入り。上にブルーベリー乗せ。
グラサージュは粉糖を牛乳で溶かしました。これに溶かしバターを加えると、クリスピークリーム○ーナッツ風になるよん♪
元のレシピはアメリカンなマフィン生地だったのですが、何年も作っていて、やっぱり美味しくないと。
好みもあるのでしょうが、卵少なめ、牛乳やサワークリームを入れるアメリカンな生地は、硬くなりやすく、なんとなくぽそぽそするので、最近は正統的キャトルカールから砂糖やや減らしの生地にシフトしています。
藤野先生には悪いが、やっぱ12個作った最後の1個が手を付けられずに終わるのは忍びない。
甘い物飢饉の時はさにあらずなのですが、ちょっと重なったりすると3日目の食いが悪いの。
何より、自分がそれほど美味しくないと感じてしまうお菓子を作りたくないな、と思うようになってしまった。
ちなみにこのケーキの元ネタはこちら

キャトルカールはケーキにおける究極のシンプリシティなのでは。
[PR]

by salix-kyo | 2012-03-14 01:04 | パン
2011年 06月 17日

吉田 愛さんのコンサート

6月15日、外神田にある神田キリスト教会で、吉田 愛さんとご主人のアレックス・ガイさんによるランチタイムコンサートがありました。
愛さんはイタリア・ドロミテ渓谷在住のオルガニストで、ブログで仲良くして下さっている方です。
私が個人的に描いていたマンガを差し上げたり、レコ芸で特選盤となったCDをいただいたり、というブログ外でのお付き合いはあったものの、本人に会うのは初めて。わくわくしながら行きました。

d0209553_149385.jpg丸ノ内線・御茶ノ水駅から昌平橋方面に下り、外堀通りより1本秋葉原側の道を少し行くと教会の入り口があります。
付近はもうアキバ感が渦巻いていて、メイドカフェの呼び込みはあるわ、中古電気製品はたたき売られているわ、巻きコード山積みの店はあるわ、オシロスコープかかえたおじさんが歩いているわ・・・
私的にはコード屋とベアリング屋がツボでした。
なんか、ケバブ屋が大繁殖していた・・・アキバ名物なのかな?
d0209553_1413147.jpg
神田キリスト教会入り口。
ランチタイムコンサート、ということで曲は4曲。J.S.バッハ、モーツァルト、ホミリウス、J.C.バッハ(息子バッハの一人)だったけど、知ってる曲は1曲もなかった・・・
オルガンは20ストップで、ウチの教会とほぼ同規模のはずなんだけど、小さく感じました。
教会自体も100席程度のコンパクトな大きさで(立地を考えれば当然)オルガンも壁に組み込まれているタイプだったのでそう感じたのかもしれません。多分、見えない所の方が大きいのでしょう。
礼拝堂の音響はデッドな感じで、オルガンの音が直接聞こえてほとんど残響はありませんでした。ちょっと残念。
愛さんの演奏は、はつらつとしていて、とっても素敵でした。オルガンの連弾って初めてきいたのですが、しっかり息が合って、より多くの音の重なりを聞けました。鍵盤があと1段多いと、更に音色のバリエーションが増えるのかな?
しかし、オルガンの鍵盤幅ってピアノより狭いのに、よく並んで弾けるなぁ・・・

d0209553_14305590.jpg演奏後、愛さんとご対面。
私が名乗ると、
「マンガそっくり」
と言われ、超ウケていた模様。(私自身が出てくるマンガなのです)
演奏旅行中なので、もしかしたらパンは止した方がいいかな? と思ってクッキーとシフォンケーキを差し入れました。
パッケージには全く凝らないので(捨てる物には金はかけない主義)ひどい有様ですが、喜んで下さったようです。よかった。


コンサート後は、西麻布のギャラリーEMへ。
d0209553_14381980.jpg

知り合いの写真家・永嶋勝美さんと、藤井英男さんの写真展を見に行きました。
永嶋さんは20年以上前からの知り合いですが、藤井さんは初めてお目にかかりました。ファッション写真界の大物・・・ということですが、見た目はニコニコしている普通のおじさんでした。お酒好きらしく、チーズクッキーが超ウケていた。
d0209553_150923.jpgお二人とも自動車が好きで、50〜60年代のクラシックカーをテーマに、モノクロで撮られています。好きなことは仕事にしない人の、全力で遊んでいる写真です。
ルマン・クラシックの写真なんか、ファンジオやホーソーンが写っていそう。(すいません、わかんないですよね、自動車レースなんて・・・車も鉄もミリも好きなの)

d0209553_1571645.jpgギャラリーの看板娘、エミリーちゃん。
今回は眠そうで、あんまり遊んでくれませんでした。

帰りは渋谷から副都心線。疲れてずっと爆睡でした。

[PR]

by salix-kyo | 2011-06-17 15:28 | 音楽
2011年 05月 19日

5月の助産院パン教室

今日は、助産院のパン教室でした。
今月はベーグル大会と決めていたのですが、やってみて気が付いたことが一つ。
ベーグルって、歩留まりが悪い!
粉量に対して水が少ないので、同じ粉600gでも、出来る数がいつもより少ないのです。
分割も(世のベーグルに比べれば小さいほうですが)60gぐらいと、ちょっと大きいし。

なんで数にこだわるかというと、なんと今日は7人もお客様が来て下さったうえに、看護学校の学生さんも4人もいて、入院患者さんやスタッフを含めると16人!! という大所帯だったのです。
これだけ頭数が多いと、分割の個数の違いはけっこう大きい。
人数を3人と4人に分けて別の日に、という手もあったのですが、色々と組み合わせなどもあり、
「なんとかなるだろう」
という安易な気持ちで臨んだところ、かなり大変な1日で、来て下さったお客様(特に初めての方2人)に十分目が行き届かず、申し訳なく思っています。
結局、ベーグル3種類以外に基本の生地でハムロールとマヨネーズロールも作り、それでもいつもよりお持ち帰りは少なくて、残念でした。
d0209553_21461988.jpg

ランチのベーグルサンド
実はカメラを持って行くのも忘れて、助産院のIkuちゃんが撮ってくれた写真をいただいて載せています。まぁ、あの状況ではカメラがあっても撮る余裕はなかったと思いますが。
いつもの写真にくらべると、整っているというか、すっきりしているというか。
いつもはペンタックスK10Dのボディに、とっても古いフレクトゴン35ミリ(東ドイツ製! フィルムカメラ用のレンズなので、実際の画角は50ミリ)というレンズを付けているので、写真がなんとなく黄色っぽいのです。
私の写真がなんか古くさいような撮れ方なのは、きっとレンズのせいよ!
ちなみにIkuちゃんのカメラはEOSです。

d0209553_21462397.jpg

昨日も試作したブルーベリーベーグル
ようやく配合が決まりましたよ!
ブルーベリー30%に対して、水は40%。
解凍したブルーベリーの7割を粉に混ぜて初めからこね、残りの3割(あくまで目分量)を最後の5分ぐらいで混ぜ込みます。結局潰れてしまうんですが、ささやかな抵抗ということで。手でこねる場合、相当根性いりそうです。
後から入れる分はドライでもいいかも。
上の白っぽいのは、チーズクリームです。アトリエ ブルンネンさんのレシピを参考にさせていただき、少し配合を変えてあります。
焼いている途中で、トッピングします。
女子のココロをわしづかみ! ・・・できたかな?
[PR]

by salix-kyo | 2011-05-19 22:50 | 教室
2010年 12月 16日

西麻布のギャラリー

なかなかPCに触れずにいましたので(家族4人で1台のMacを奪い合っている)、ちょっと前の話題です。
日曜礼拝の後、西麻布のギャラリーEMへ、金子源さんの個展を見に行ってきました。
知り合いの写真家、永嶋さんのブログに素敵な写真が載っていたので、見てみたい! と思い、日曜の午後の強行軍でした。(私は体力があんまりないので、1日2件の外回りはけっこうつらいのです)


d0209553_15383973.jpg
これはギャラリーの入り口。
「西麻布」なんて言うと、どんなにすごい所なんだろう、と思う向きもあるかもしれませんが、割と普通の住宅地の感じです。
ご近所には格闘技の道場があったり、かなり年季の入った一戸建てがあったり、出前のバイクが走っていったり、です。もちろん、オシャレなおうちも沢山ありますが。


d0209553_15411378.jpg
このわんこは、ギャラリーの看板娘、エミリーちゃん。
今回、個展を開いている金子さんは、ギャラリーのオーナーの竹内さんとは、エミリーちゃんつながりのお知り合いだそうです。



d0209553_15511517.jpg


ギャラリー内部はこんな感じ。一回り見ても、あまり疲れない分量の展示です。
金子さんの作品は、撮った写真をソフトでデジタル加工したもので、日常ありそうな光景が、鮮やかな色彩で再構成されている・・・といった感じでした。(すいません、表現力が貧弱で)


金子さんとは初対面だったのですが、とってもきさくな方で、竹内さんと3人でおしゃべりを色々しました。
その中で、竹内さんが、立体写真の雑誌(?!)を、出してきてくれました。(例の、小学○年生に付録でついてくるような)赤青のセロファンが張ってある立体メガネを通して見ると、立体的に見える、というフレコミなのですが・・・
う〜ん、確かに奥行きは見えるけど、写真の色が変になるし、ちょっとねぇ・・・という感じのモノ。
ところが、これが金子さんにストライク! だったようで、付録に興じる小学男子よろしく、あっちこっちのページを見ては、感動し、メガネを左右逆にしては、「気持ち悪い〜 引っ込んでみえるよ」と、竹内さんにメガネを渡し、(もちろん私も見ましたとも)果ては、自分の作品を見て、
「これ、立体にみえるよ!」
・・・何ですと!?

メガネを渡され見てみると、確かに言われれば、そう見えなくもないかも・・・

d0209553_16205328.jpg
味をしめた(?)金子さん、自分の作品を赤青メガネで1枚づつチェックに余念がなく、これは行ける、これはダメ、と立体対応作品の確認をしていました。


d0209553_162989.jpg
最終的に、最も立体対応な作品は初めに見たもの、ということでこの作品の下には赤青メガネを装備していました。
今週行く人は、みんなこのメガネで見ることになるのでしょう。

金子さん、竹内さん、ありがとうございました。

[PR]

by salix-kyo | 2010-12-16 16:38 | 写真