タグ:ケーキ ( 10 ) タグの人気記事


2012年 05月 21日

なかしましほさんのビスケット

前からいろいろなブログで紹介されていた、なかしましほさんのビスケット。
d0209553_1245528.jpg


気にはなっていたのですが、
なるべくお菓子の本は買わないようにしよう!
と何年か前に心に決めたので、ず〜っと横目で見るだけでした。
しかし! ほぼ毎日おじゃましている
「ほぼ日刊イトイ新聞」で、なかしましほさんの「とてもくわしいおやつのレシピ」という連載があって、
わたし的にやったぁ、ばんざぁ〜い! でした。

内容は、ほんとうにほぼ日感たっぷりの、おじさんまじりの3人組の体当たりレポートで、これ以上懇切丁寧な解説はないんじゃないかと思うような、いい内容です。
もしかしたら、なかしまさんの教室に習いにいくよりも充実してるかも・・・?

私も早速作ろうと思ったら、全粒粉が在庫切れだったので、第一作目は小麦胚芽10g+薄力粉90gの黒ごまスティックを作りました。
食べてみて、その素朴なおいしさに感動しました。
これは止まらん。
なんか、かえって危険な味。食べ過ぎる〜
たしかに「ごはんのような」感じでもりもり食べてしまう〜〜


そんなわけで、ウチで作る時は砂糖を5g増やして、ごはんからややお菓子に寄った味にシフトしました。
だって食べ過ぎちゃうんだもん。

その後、ウチの教室やめぐみパン教室でも何度も紹介し、生活クラブの支部委員会にも持って行ったりしていたのですが、なんと! どうやらなかしまさんも、生活クラブの組合員らしいことが判明!
一気に親近感がわいてしまった!(・・本人迷惑かも)
お店も国立なので、うちから40分ぐらいだし・・・
今度行ってみようかな〜〜(それより本買ったほうがいいのか?)

とにかく、そんなわけで、いきなりなかしまさんブームが吹き荒れています。
ほぼ日は動画付きでとてもくわしいので、ぜひぜひご覧になってくださいね!
読み物としても面白いです。特に、お菓子作りになれていない方の、思いもよらない作り方とか・・・

その連載のあと、一週間に1回、なかしまさんがレシピをつぶやき、それに読者が作った写真を応答する、という企画も継続中です。
先週はヨーグルトチーズケーキ、今週はブラウニーです。
・・・ヨーグルトを水切りして3日ぐらい放っておいてしまった。
もちろん、冷蔵庫の中だけど・・・
硬かった。硬いヨーグルトってはじめて。
しかも、底の抜ける型で作ったら、底のすきまからだらだらこぼれてしまった・・・
わし、ホントにパン教室の先生なのかね??

[PR]

by salix-kyo | 2012-05-21 12:32 | お菓子
2012年 03月 14日

今日はめぐみパン教室

すみません、タイトルの割に、教室風景はありません。
なぜならカメラを忘れたから。
今日は隣の和室でママのための写真教室もやっていました。
新生児をテーマにモノクロで撮影をされている Shiworiさんを講師に、3人のママと1歳前後の赤ちゃんズ。パンのほうも生徒3人と0〜3歳のやんちゃさん中心で、それはそれは喉の痛くなる教室でした。
授業しながら
「テーブル乗るなぁ〜」
「さわらない!」

などと、めいっぱい怒鳴りまくっておりました。
しかし、子供達がどんなに騒いでも、ママ達は子供声キャンセルフィルター内蔵で、めちゃめちゃしゃべっておりましたよ。昔は私もそんな感じだったなぁ。
ちなみに4月の写真教室は17日(火)で、まだ空きはありそうです(3人限定)。

今月は、試作&撮影予定の1、2週がことごとく雨か曇りで、めぐみ教室のお知らせのための写真をアップできなかったので、図々しくも Shiworiさんに撮影を頼んでしまいました。
本当は、プロに物撮り(ブツドリ)を頼むと何万円もかかるのですが、ピロシキとマフィンのランチで手を打っていただきました。申し訳ない。(ま、コンパクトカメラだったし)
その写真は・・・こちら。
d0209553_8152980.jpg

私、絶対こんなの撮れない。さすがプロ!

ちなみに、ウチのカメラはボディがペンタックスのK10で、レンズがフレクトゴン2.4/35㎜です。実質50㎜ですが。

d0209553_0235654.jpgさて、今日のうちパン。夜の10時半焼き上がり。我ながらよくやるよ。
1年ぶりのベーグルは割れた・・・ホイロ不足ですな。
粉は鳥越のフランス70%に江別のER30%ぐらいです。
一次発酵(おおむね30分で少し短め)が終わってこね機から生地を出したら、羽根の下からかなり多めのイースト塊が出土! なんてこった!
でもちゃんと膨らんだから、思ったほどのダメージではなかったようでした。
ベーグルの生地は硬いので、こういうことがあるのを忘れてました。丁寧な生地作り・・・
結果オーライだよ。きれいに焼けたし。
同時にケーキでバタバタしていたのが原因でしょう。

d0209553_024238.jpgその原因ケーキ。なんか病気っぽい写真ですな。
生地はキャトルカールで砂糖2割少なめ、芥子の実入り。上にブルーベリー乗せ。
グラサージュは粉糖を牛乳で溶かしました。これに溶かしバターを加えると、クリスピークリーム○ーナッツ風になるよん♪
元のレシピはアメリカンなマフィン生地だったのですが、何年も作っていて、やっぱり美味しくないと。
好みもあるのでしょうが、卵少なめ、牛乳やサワークリームを入れるアメリカンな生地は、硬くなりやすく、なんとなくぽそぽそするので、最近は正統的キャトルカールから砂糖やや減らしの生地にシフトしています。
藤野先生には悪いが、やっぱ12個作った最後の1個が手を付けられずに終わるのは忍びない。
甘い物飢饉の時はさにあらずなのですが、ちょっと重なったりすると3日目の食いが悪いの。
何より、自分がそれほど美味しくないと感じてしまうお菓子を作りたくないな、と思うようになってしまった。
ちなみにこのケーキの元ネタはこちら

キャトルカールはケーキにおける究極のシンプリシティなのでは。
[PR]

by salix-kyo | 2012-03-14 01:04 | パン
2012年 03月 05日

うわさの塩麹

ブログを通して知り合った、関西方面のお友達から、チマタで大人気の塩麹&生麹が送られてきました!

d0209553_1632328.jpg


堺の糀屋雨風さんの人気殺到塩麹。
元々彼女のご近所さんだったのですが、あまりに忙しそうなので就職してしまったというのも、なんだかいい話なのですが、そんなのんきなことを言っている余裕もないほど超忙しいみたいです。
なにしろここ1000年ぐらいで一番の好景気、大ヒット炸裂! 状態で、作っても作ってもどんどん売れて行く、入れ食いというか大連チャン状態にある全国の麹業界。かなり無理して確保してくれたみたいで、本当にありがとうございます。
はやりにうかうか乗せられるのもどうかな〜、なんて思って模様眺めしていた私も、これで塩麹デビューですよ!
なめたら、しょっぱい甘酒風の味? 調味料なので、そのままなめると塩はきつめ。
息子の弁当に豚生姜焼き用肉に薄く塗って一晩寝かして焼きました。なんか不思議な甘みのある味。クセになりそう。
そんなこんなで、ちょっと使ってから写真を撮ったので、減ってます。

d0209553_1633176.jpgこちらは生麹。100gに小分けしました。
私も味噌を仕込んでいるので、麹は初めてではないのですが、今まで使っていたものは水分を減らし、保存性を高めたもので、かなり硬めでした。
これはもう、ごはんのまんま。やわらか〜い麹です。ほんとに出来たて! という感じで、注意書きにも2〜3日中に使わない時は、冷凍庫へ入れて! とありましたので、写真のとおり小分けして冷凍庫へ。
その日に来た生徒さんにもお裾分け。
ちゃんと布教しております。

d0209553_1632985.jpgこんな風に塩切り麹に水をまぜ、1週間から10日ぐらい常温でなじませると、塩麹になるそうです。
早くできないかな・・・

彼女とは、しばらく前からブログではお付き合いがあったのですが、コメント欄に
「塩麹、いりませんか?」
と連絡があった時は一瞬、
「新手のフィッシング?!」
などとかなりケシカラヌ事を連想してしまったワタクシです。人間不信?
関東ではオレオレとか、だまされやすいんです。失礼しました。

先週川越の教室にいったのですが、そこにも塩麹が!(製造元は違いますが)
冷蔵庫の中にドンドンドン! と積んでありました。
流行り物には敏感な川越教室。

d0209553_1633377.jpg最近ウチでちょっとはやってるカラメルリンゴ入りマフィン。
これは頼まれものですが、この日にウチ用にもう1回作った。
マフィンといっても生地はカトルカールに近いので(砂糖少なめ)おいしいのです。
藤野真紀子先生のレシピでマフィンをよく作っていたのですが、なんとなくもそもそ感があるので、最近はカトルカールの生地で作ることが多い。
上はクランブル乗せ。バター:砂糖:薄力粉を1:1:2でフープロでしばらくガーッとやるとすぐできます。砂糖をきび砂糖や黒砂糖にしたり、薄力粉にアーモンドプードルを混ぜたりして、味に変化をつけてます。


最近、妹のブログや、九州のあの方のブログが復活して、うれしい限り。
中京のあの人はどうしてるかな〜 受験生は何に進化したかな・・・



[PR]

by salix-kyo | 2012-03-05 17:16 | いただきもの
2012年 02月 06日

もう、2月ですね

風邪が2週間以上後を引いて、ようやく今日は咳がおさまってきました。
前の記事を書いた後、咳が本格化し、病院にいきたくない私は(だって、他の病気うつされそうだし)売薬の中からやばめな成分の入っている某咳止めと、ブルフェンという昔から消炎鎮痛剤として処方される薬と同じ成分の入っている頭痛薬を併用して、なんとか乗り切りました。
ちなみにやばめな成分とは、コデインとエフェドリン
コデインはちょっと分子構造をいじるとモルヒネやヘロインになります。
エフェドリンは覚醒剤になります。
wikiなんかで分子構造を比べれば、どこが違うかぱっと見ようわからんぐらい、両方ともそっくりさんですが、咳止め一箱飲んでもあっち行っちゃうことはないと思います。たぶん。
というか、覚醒剤と麻薬は効果が正反対なので、相殺するかも?
薬効は、コデインは咳止め、エフェドリンは気管支拡張剤です。
副作用として、やたら喉渇いたり眠かったりしましたが、一箱空けたあたりから良くなってきたので、二箱目に入らずにすみました。
私は頭痛持ちで、その上理科オタクなので、薬の分子構造とか大好きです。
ちなみにバファリン(アセチルサリチル酸)は全く効きません。
頭痛薬はイブプロフェインとアセトアミノフェンを使い分けています。

なんでヤクの話ばっかりなんでしょう・・・
そんなわけで、最近は必要最低限しかパンを焼かず、寂しい限り。
先週の教室では、全部終わって
「お疲れ様でした〜」
と生徒さんを見送って、ドアを閉めた所で写真を撮り忘れていることに気付くおマヌケさ。
せっかくデニッシュ&バターフレーキーだったというのに・・
かなり美しく層が出ていたのに・・・

d0209553_1681325.jpg先月キャンセルになった授業に使う予定だった材料が、すっかり賞味期限オーバーしてしまったので、ウチ用になってしまったティラミス。
マスカルポーネチーズは5日、生クリームは6日オーバーしてましたが、中身は平気だったので、気にしない気にしない
昨日の10時過ぎにスポンジを焼いて、夜の11時頃には出来ました。
夜中に働く小人さんのおかげで、今朝は息子1、2はティラミスを食べて出掛けましたとさ。
実際息子1が風呂に入っている間に、スポンジとクリームが切った貼ったの工程を経て、風呂から上がったらアラ不思議、ティラミスが出来ていた、という感じでした。
息子2に至っては本人が寝てから(今日は5時半の電車に乗ったので、そのため早寝だった)スポンジを焼いたので、作ったことも全く知らず、「いつのまに・・?」という感じでやや驚いてくれました。


明日予定されていた松戸の新しい仕事は、風邪引きさんがいたり、その他諸般の事情でキャンセルになりました。
こんな時期なので、予定の半分ぐらい出来れば良しとしないとね。
またという日もあるよ。

      *    *    *    *    *

右側の生活クラブ関係のリンクが、うまく飛ばない所があったようで、すみませんでした。
直してあります。ご指摘、ありがとうございました。
[PR]

by salix-kyo | 2012-02-06 16:45 | ケーキ
2012年 01月 12日

ブーム、継続中

d0209553_10284674.jpg

ワッフルブーム、継続中でございます、はい。
これはブリュッセルタイプ(だよね?)。どろどろ〜の生地を150g計量して、二枚分。
ちゃんと生地をこねて(というかかき混ぜてる感じ)イーストで発酵させてます。
砂糖の割合もけっこう多いのですが、水分量が多い(卵と牛乳合わせて220%!)ので、相対的に薄まるせいか、あんまり甘くない。スモークサーモンとかでも行けそう。
リエージュタイプ(いつもの丸いやつ)の方が家族の食いつきはよさげでしたが、これもクリームにつられてもりもり食べてました。
後ろに写っているのはコント・ド・プロヴァンスというメーカーのカシスジャム。
このジャム(というかプレザーブ)は、とっても潔くて、原材料は砂糖、カシス、以上! で、よけいなものが入っていないようです。
まぁ、国によって◎×パーセント以下の物は表記しなくていいよん、という決まりがまちまちなので、なんともいえませんが、しかしこの材料記述は気持ちいい。
しかも、砂糖の方が先に来てるってことは、砂糖の方が多いってことだけど、食べてみるとかなり酸味が強い。
酸っぱい物好きは、おためし下さい。成城石井で買いました。


d0209553_1104730.jpgこれは2年前の夏のセミナーで習ったスペキュロ・ガルニ。
名前聞いても何だかよくわかんないですが、シナモン風味のサブレ生地を作り、間にジャムをはさんで焼く、という、ちょっとだけ技を使ったお菓子です。
これは大きく焼いて、後から切ります。
この試作の時はまだ温かいうちに切っちゃったけど、冷めてから切ると割れそうな予感。
パン用包丁で切らないと危険かも・・
間のジャムは、本当はグリオット・チェリーを煮て作るのですが、教室で扱わなくなってしまったので、今回はフランボワーズジャムで。
でも、おいしかったです。あまり種も気にならなかったし。

d0209553_1105197.jpgお待たせ、デニッシュです。
トッピングはブルーベリー。
あまり頑張らず、講師研究科のレシピで作りました。
ただでさえ卵白がちゃっぷりちゃっぷりしてるのに、またカスタードの余波で卵白発生。
d0209553_1105431.jpg昨日の昼過ぎにこんだけ出来たのに、今(翌日午前中)既に残り5コ。
いっぱい食べてくれて、うれしーよ。
心なしか虚しさが・・・

さて、先日
「発酵器が不調!」
と騒いでいましたが、直りました!!
いろいろ試してみて、私は温度計の差し込み口近辺の接触が怪しいと目星をつけたのですが、ダンナは
「これは温度計が壊れている」
と言って、アキバで温度計(200円前後)を買ってきました。
そのままでは付かないので、(半田付けするために)差し込み口の端子をバラすと、なんとそこが錆びていて、絶縁不良を起こしていたのでした。
よかった〜! 発酵器買わずにすんだ!!
そういえば何年か前に、放熱板の上に水をこぼしたことがあったっけ・・

新松戸の仕事のためにちょっと設備投資をしなくちゃいけないので、ほんと、直ってよかった!
[PR]

by salix-kyo | 2012-01-12 11:19 | パン
2011年 10月 18日

秋ですね〜

d0209553_136987.jpg りんごの秋
この時期だけの紅玉です。
今年も生活クラブで9㎏買いました。
そのうち4㎏はもう食べ終わり、これは月曜に来た5キロ。
d0209553_1365243.jpgモンブランの秋
先週、今週と上級の2クラスでモンブランをお楽しみメニューで作りました。
完成型はこの上に生クリームを絞って、クリの甘露煮をちょんと乗っけるのですが・・・
写真撮ってない・・・
d0209553_1382315.jpg ゾンビの秋ですよね〜
ここ10年ぐらいでしょうか? ハロウィンが一般化したのは。
昔、アメリカの翻訳本を読んで
「いいな〜 お菓子もらい放題か〜」
とあこがれていました。
いまじゃ渡す方ですが。
まぁ、ウチのマンションではやらないんですけどねー。
もってけ母さんとしてはちょっと残念。
さて、このゾンビちゃん達、cottaさんのレシピ集コレクルにハロウィン☆フーガスというタイトルでこたみやさんが掲載されていて、超かわいかったので早速作ろうとしたんですが・・・
こたみやさん、水の分量、記入漏れかも・・・ないような気がする・・・
まぁ、ちょっとした事故はブログの方へお知らせしておいて、65%で計算すると165gぐらいでいいかな。
かぼちゃパウダーなんて便利な物はないし、先週の教室で余った蒸しかぼちゃを30%ぐらい入れてみよう。
うう・・・べたべたする。やっぱり意味があるんだ、パウダーには。
ちょっと手粉を付ければ丸められるので大丈夫。

d0209553_13252480.jpg口と目は、丸口金の先と元を使いました。マカロンを絞るために買った物が、不思議な使われ方をしている。
d0209553_13253191.jpgひよん、と伸ばしてゾンビ・・・叫び? 口の部分を伸ばして手にしました。
ピントが天板の奥のキャンバスに合っている。残念な写真。

d0209553_13253461.jpgジャックの目はこのちっさい抜き型で開けました。
3年位前にカッパ橋で買った物。
ステンドグラスクッキーの穴に丁度いい大きさの型を探していた時見つけました。
小さい型って、なかなかないので、重宝してます。
ただ、今回こたみやさんの指定のサイズより大きめ(50%ぐらい?)に分割したせいか、目の部分は埋まってしまった。
でも、作り方はそれほど難しくないし、なによりかわいい!
こたみやさん、ありがとう!
作っていて、楽しかった〜

[PR]

by salix-kyo | 2011-10-18 13:55 | パン
2011年 05月 31日

シフォンブーム、到来

先週は出掛ける用事が多くて、自分のブログを開ける気も起こらなかったのですが、そんな中でシフォンケーキがマイブーム。

d0209553_2065144.jpgもとはといえば、先週の火曜日に、月に一度の川越パン教室での講習で、私たちの隣でシフォンケーキの講習をしていたグループがいたのです。
その生地が、あまりに自分の作っていたシフォンと違うので、うっかり心に火が着いてしまいました。
まずは横目でレシピをチラチラ見て配合を覚え(いけません)、家に帰って作ってみたのですが、これがうまくいかない。

d0209553_2081424.jpgもぉ、こんなんです。
写真は4個目のココアシフォンですが、焼き縮みがひどい・・・ 
これは中心から均等に凹んでいるのですが、混ぜムラなのか、一部だけ裂けるように割れた時もありました。
4個作ってうまく行ったのは、たった1回。今考えると、持って行くために作ったのがうまくできたのは、キセキに近い。
今までの配合では、(多少縮むものの)あまり気になる程ではなかったのに・・・
やっぱりちゃんと習わなくちゃだめだ! 
先生、6月はシフォン型持っていきます!
この1週間、シフォンケーキだけで卵20個使いました。
GW以来余り気味だった卵が、普通の消費状態に戻った!(生活クラブの班注文で、毎週2㎏、30個ぐらい買っているのです。使わないと、どんどん溜まるの、これが.)
ちなみに、後ろにちょっと写っている、ウチに似つかわしくない花は、先週の金曜に教会で営まれたご葬儀のお花を頂いたもの。(土曜日が掃除当番だったの)
教会のお葬式は、菊じゃないんですよ〜(もちろん、好みで菊でもいいんですが)
私が頂いたのは、アルストロメリア、トルコキキョウ、ブプレ、かすみ草ですが、これ以外にバラやカーネーション、キンギョソウもありました。
全体的に白とピンクで、故人のお人柄を偲ばせる、やさしい色でした。


d0209553_2013349.jpg今朝作ったチーズマフィン
生地には、業務用のメルファーチーズ、というものが入っています。
メルファーって? という方も多いと思いますが、カスタードぐらいの柔らかさで、チーズに何かよくわからないものをいろいろ混ぜてあるペーストで、一昔前にはやったチーズ蒸しパンの香りがします。たぶん、これ入れて作るんだと思う。
よくわからないものがいろいろ入っているせいか、悪くならない。保証期限を半年過ぎても(開封後!)、前と同じ味がする。・・・ビバ、添加物!?
というわけで、書くのもはばかられるぐらい期限切れになっているメルファーで作ったチーズマフィン。半分は中に、これも地震のせいで期限切れになってしまったラズベリージャムを入れました。
地震がなければ、助産院のパン教室で使い切るはずだったのに・・・
いいのよ、期限切れでも美味しく食べられれば。・・・たぶん。

授業には使いませんからね! 
[PR]

by salix-kyo | 2011-05-31 16:04 | ケーキ
2011年 03月 08日

今月の試作

助産院のパン教室用の試作をしなければ・・・と思いつつ、息子の行き先が決まらないうちは、何となく取りかかれずにいました。
d0209553_13421676.jpg今日、合格通知がきて、ようやくほっとして、早速試作です。我ながら現金だ。
甘めのリッチな生地に、クリームチーズとラズベリージャムを巻き込んで、200gの生地を8等分にしました。
アーモンドクリームとクリームチーズとどちらにしようか迷ったのですが、今回はクリームチーズで。

d0209553_1342222.jpgできあがりはこんなです。焼く前に卵を塗って、スライスアーモンドをトッピング。
試食した感じは、おいしいんだけど、ちょっと決め手に欠けるかな・・・
クリームチーズをかなり甘くしたつもりでしたが、ちょっとぼんやりした感じになってしまいました。
ラズベリーも酸味があるので、やっぱりアーモンドクリームの方がいいかも。

考えつつ試作するのって、なんかワクワクします。

d0209553_13515320.jpg

さて、こちらは母からのおすそわけ、○八のふくれです。九州方面に母の知り合いがいて、たまに母に荷物を送って下さるので、私たちもそのお相伴にあずかれる、というわけです。
このふくれ、昔ながらの蒸しパンなのですが、何ともいえず味わい深いお菓子です。
ボリュームがあるわりにくどくなくて、絶妙に美味しい。黒砂糖が苦手な娘も、ぱくぱく食べていました。

d0209553_13595027.jpg

こちらは、近所のケーキ屋さん、パティスリー・ロア・レギュームのケーキ。
長男の合格を知った娘のお祝いです。
切ってしまった所で、写真を撮るのを忘れているのに気が付いた・・・アホや〜
チョコのグラサージュが美しく、間にホワイトチョコのムースがはさまり、アーモンド風味のスポンジも使ってあり、何だかよくわかんなくなっちゃうほど美味しいお菓子でした。
うーむ、プロの仕事やねぇ。

次男は学校のスキー合宿に行っているので、いつもより分け前が多い☆ やったぁ♪
[PR]

by salix-kyo | 2011-03-08 14:11 | パン
2011年 01月 08日

女3人新年会

昨日は、生活クラブで知り合った友達のひさごんとmiroさんと、女3人で新年会でした。
そのためのお土産を、おとといつくりました。
d0209553_2315828.jpg


これは、お正月用に作ったロールケーキと同じもの。
スポンジは藤野真紀子先生の、ベルーエ・コンセイユのスポンジ。
「語り継ぐお菓子たち」(文化出版局)という本に出ていた、ビュッシュ・ド・ノエルの配合です。何年か前にNHKの「今日の料理」でクリスマスのチョコレートケーキとしても紹介されていました。
クリームは、生クリームにサバトンのマロンペーストを(適当に)混ぜたもの。中のクリは、年末近くに八百屋に出る、「石鎚」という品種のクリを甘煮にしてあります。
このスポンジは本当においしいレシピなのですが、別立てだったり卵白が余ったりとちょっと面倒なので、とっておきの時にだけ作るのです。いつものロールケーキは、卵3個で共立てです。

d0209553_3102547.jpgこれも藤野先生のレシピを参考にしつつ、卵白が余らないように配合を少し変えて作ったフルーツケーキ。
ドライのあんずとプルーンとレーズンとドライのイチジクが入っています。
このケーキは個装ににしました。


d0209553_315187.jpgご覧のとおり、センスも何もないようなひどいラッピングですが。
右は当日の朝に作ったウィーン風バトン。12月の助産院のパン教室のメニューで作ったものです。



d0209553_3234231.jpg


これはウチ用のフィナンシェ。
フィナンシェと聞いて、ピンと来る方も多いと思うのですが、12月にパネトーネとカスタードとパンドーロを作りまくったおかげで、冷蔵庫には卵白がちゃっぷんちゃっぷんしているのです。
このフィナンシェで160g消化したのですが、まだ500g分ぐらい冷蔵庫の中で待機しているヤツがいます。・・・どうしよう・・・ロールケーキでまた1個半卵白が余ってしまった。
ウチでは、フィナンシェは「産業廃棄物最終処分場」と言っています。ひさごんには「その言い方、いや〜」と激しく嫌がられましたが。


ひさごんmiroさんは、何年か前に生活クラブ埼玉のホームページリニューアル委員会で一緒になって知り合いました。当時、私はネットにアクセスしていなかったのですが、知り合いの理事さんに泣き落としみたいな感じで委員にさせられ、「こんなんで、ええんかい?」と思いつつ、企画に参加してました。でも、参加すればそれなりに得るものがあるわけで、二人とも今では大切なお友達です。こんなことでもないと、お互いのおうちも遠い私たちが知り合うチャンスなんて、なかったね〜
もう一人、会いたい方がいるのだけれど、ご家庭の事情で今は身動きがとれないようなので、また状況がゆるすようになれば、会える日も来るでしょう。
二人ともネットの先輩なので、今までわからなかったエキサイト以外のブログやHPのリンクの張り方を伝授してもらいました。ようやくkojikoさんともリンクできました! ありがと〜☆

カメラを持って行かなかったので写真はないのですが、お昼はチゲでした。アサリが入っていて、おいしかった〜
3人とも完全に「持ってけばあさん系」(つまり、やたら食べさせたがり、やたらお土産を持たせたがる女性)なので、私も写真でアップしたように作りまくり、ひさごんはラーメン2玉鍋に入れたうえ、「お餅入れるの忘れてた〜」と恨めしそうに言うし(高校生じゃないんだから、そんなに食べられないよ)miroさんは「○○と××持ってくるの忘れたから送るよ」と残念そうに言うし・・・正月早々、食べまくりのしゃべりまくりで、パワー全開(もしかしてこれでも6分ぐらいかも)でした。
ひさごん、miroさん、また遊ぼうね〜
[PR]

by salix-kyo | 2011-01-08 04:23 | 生活クラブ
2010年 12月 20日

昨日はクリスマス礼拝

昨日は教会クリスマス礼拝でした。
土曜日は「クリスマスの集い」、24日は「クリスマスイブ礼拝」があるのですが、私たちにとってはこのクリスマス礼拝もまた重要です。
聖歌隊の特別賛美や聖餐式、そして洗礼式がありました。
その後に、クリスマス祝会としてみんなでランチタイムなのですが、このランチに普段は付かないロールケーキが付くのです。
そのケーキを土曜に焼きました。
d0209553_16275840.jpg


「今年もお願いしますね★」
と言われ、気軽に
「はいっ」と答えてしまったのが、運の尽き。
よく考えたら、去年までは土曜に仕事を入れていなかったのですが、今年から第3、第4土曜日は助産院のパン教室を入れていたのでした・・・自爆・・・
なにしろ、人数が多いのです。
以前150食出たこともあって、最低ロールケーキ10本、本当は12本は用意したい。
2時過ぎに帰って、3枚スポンジを焼いては冷まし、クリームを塗って巻き込んでラップで包んで冷やすという作業を4回。
なぜ3枚づつかというと、生クリーム1本を分けるのに、3枚ぐらいが限界なのです。
プレーン生地にチョコクリーム、ココア生地はプレーンな生クリームかチョコクリーム、抹茶の生地にあんこクリームを巻き込むのが定番なのですが・・・抹茶、ないじゃん!!
しばらく製菓用の抹茶を使っていなかったので、欠品しているのに気付きませんでした・・・あぁ

そんなわけで、今年はプレ−ンな生地にあんこクリームという、やや締まらないことになってしまいました。
もちろんこんなに冷蔵庫に入るわけもなく、ベンチタイムの時に使う番重を2段重ねでベランダに置き、外気が冷蔵庫代わりです。番重の容量からすると、あと3本はいけそうですが・・・。
全部終わったのは2時(テレビ的には26時)過ぎでした。
コシがいたい。
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-20 17:01 | 教会