<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 11日

7月のフレンチ講座

今週は月曜に本校の教室認定セミナー、
水曜、川越で教室研究会、
今日は三郷のフレンチ講座と、出る用事が多い・・・暑い。

d0209553_2171847.jpg今日のメニューはミネストローネとスズキのカルパッチョ。
活締めのスズキは、助手君がさばいてくれました。
小出刃ですいすい。
見てて小気味よい♪
この後、シェフが下味をつけて、冷蔵庫へGO!


d0209553_2173567.jpgスタンバイしているミネストローネの野菜。
奥のナスは、松戸産。
新潟は丸ナスをよく作る(というか、在来種)のですが、関東でも作ってる人がいるんですね。
手前のサツマイモっぽいのは、実はジャガイモ。
私も騙されましたが、レッドスキンポテトの一種みたいです。
形もサツマイモ、切った中の色も淡黄色で、本当にサツマイモそっくり。
でも、そういえば、中心に大きいジャガイモ特有の穴が空いていて、あれ?? と思ったのですが、まるっきり気づきませんでしたよ。


d0209553_2172678.jpg生徒みんなで野菜の角切り。
今日は残念なことに3名しか出席者がいなかったので、
一人当たりの作業がそれなりにありました。
超切れる包丁で、サクサク野菜を切るのは、
緊張したけど楽しかった〜
手入れの良い道具って、幸せだなぁ。


d0209553_2172997.jpgカッコよく盛ってある枝豆ですが、
あとで全部剥きました。
カルパッチョの付け合せという運命。


d0209553_2173179.jpgミネストローネのために、まずニンニクを炒め始めるシェフ。
弱火でじっくり油に香りを移して、
その油で野菜をこれまたじっくり炒めます。
決して急がず、焦がさず、野菜の甘味を引き出すように。

・・・色々反省。
私、せっかち過ぎでした。すいません。
関西系の人に、
『先生、イラですね」と言われたことあります。
つい、火を強くしてしまうんだよなぁ、これが。



さて、この後、カメラの電池が切れまして、写真が・・・
事務所のイオスで撮ったのですが、まだ写真を送ってもらってないので、写真なしです。
イオスは扱いがようわからんので、おまかせで撮ったから、なかなか不本意な出来。
しかも、レンズがズームなので・・・・
止めよう、借り物の悪口は。

そんな訳で、多分30分ぐらいシェフの野菜炒め工程をずっと見てました。
炒め方にも意味がある。
投入順にも意味がある。
地中海世界の料理はインドまで繋がっている。

(方法論がインドもイタ飯も同じ)


IHはあんまり暑くなくていいなぁ。
ただ、発熱源が丸で描いてあるだけなので、
シェフが話しながら鍋あおってると、
鍋の位置が段々ズレていくのが、ちょっと難点
かもね。

私はこの20年ぐらい、ほとんど外食しなかったので、
外でカルパッチョって、食べたことありませんでした。
大体、カルパッチョて牛肉だよね??

てなわけで、スズキのカルパッチョが初体験。
スズキを切るときも、シェフに
「薄すぎ〜、それじゃ薄造りだよ?」
なんて言われて、
あぁ、カルパッチョと薄造りは違うのか、と知りました。

例によって盛り込みは各自のセンスで。
三人三様のお皿となりましたが、
それぞれに美しい一皿が完成して良かった。
前回は我ながらちょっとね、という感じだったので。

ミネストローネは、チーズとオリーブオイルが最後に入って味が大化け。
どっちかというと、私はチーズは入らない方が好みだな。
歳のせいか、コクがあるより、野菜の旨さが身に染みるような料理が好きになってきた。
昔は濃いのが好きだったけどね。

そんな訳で、今月も大変美味しゅうございました
来月はどうしても来れないのでお休み、ということで、
次回は9月。
乞う、ご期待!

[PR]

by salix-kyo | 2013-07-11 22:07 | 三郷キッチン倶楽部
2013年 07月 08日

教室認定セミナー

d0209553_15285124.jpg


私の所属しているパン教室は、
会員の中でも個人会員と教室会員に分かれていまして、
まぁ、教室会員というのは
割と大きめの教室で、
先生を生み出すような方や
準師範、師範の認定を受ける方がなるものです。
年会費が倍になるし。

ビンボな私は
「最小の投資で最大の効果を」をモットーに、
師匠の鷹揚さにおんぶしながら
今まで個人会員でなんとか凌いでおりました。

でも、諸般の事情で、ウチから二人の講師希望者が出ることになり、
ついに私も教室会員にならざるを得なくなりましたよ・・・

いやまぁ嬉しいことなんですがね、
元々先生になるつもりもなく、
教室の中でランクアップしようという気もなかった上、
経費は上がるので、嬉しさは半分ぐらい・・だな。
本当は何年も前に認定受けるべきだったってのは
わかっていたさ・・・


というわけで、今日、行って来ました
石神井公園にある東京本校
あまりの暑さに外観撮り忘れなんですが、
パチスロ屋が入っていたり予備校が入っていたりの
ビルの2階なので、ビジュアル的には見どころはありません。
一昨年のマカロンセミナーに来て以来なので、2年ぶり。

今日認定を受けたのは10人で、
私と同じ川越の教室の方もいました。
試験科目の山食とあんぱんを作る合間に
書類の記入の方法や注意点などを聞き、
本校の校長先生の実技見本を見てから再度成型して、
山食を2本とあんぱん3個を作りました。

この間、試験を受ける人を指導するために、
川越の師匠に稽古を付けてもらっていたのですが
なんか相撲取りみたい?
やっぱりあやふやな部分が沢山あり、
どうしてその工程を経るのかがわかっていない
ナサケナイ自分を再発見したのでした。

やっぱり勉強し続けることは大事だな〜
正しい丸めと正確な麺棒の掛け方、
均一な押さえなど、一つ一つの工程が
きちんと出来ていないと、均一に伸びた山が出来ない、
という事を再確認しました。
山が片伸びするのはオーブンのせいじゃなくて、
芯が中心に来た均一な成型が出来ていないからなんだよなぁ。

d0209553_15282356.jpg作業や試食が一通り終わった所で、
認定証の授与式。
一人一人、教室名を呼ばれ、
校長先生から認定証を受けました。


d0209553_15285575.jpg焼きあがった2本の山食と
3個のあんぱん、他を袋に詰めて
無事教室認定セミナーは終了。

外は暑くて出たくない・・・
でも生活クラブの荷物が来るから早く帰らねば・・・
てな感じで、帰ってきました。


あんまり暑いから、新秋津〜秋津の乗り換え(5分ぐらい歩く)はパスして、150円ぐらい余計にかかる地下鉄(小竹向原)経由で帰ってきました。(行きもですが)
明日は中級の授業なのに、この暑さ。どうしよう・・・


本校の先生方、ありがとうございました。
今月は月末にサマーセミナーもあるので、そっちも楽しみだ〜
[PR]

by salix-kyo | 2013-07-08 16:21 | 教室
2013年 07月 05日

今日は・・・

本当は三郷で教室の予定でしたが、予定がキャンセルになって、朝からウダウダしています。

今週は火曜の教室が来週に延期になり、水曜が発熱キャンセルで、今日もなくなり・・・
来週が不安・・・

来週は月曜に石神井の本校で教室会員認定セミナーがあり、
水曜に川越で教室研究会があり、
木曜は三郷のフレンチ講座を受けるので、
サイフが超ピンチだ・・・

うーむ、ストレッチパワーじゃどうにもならなさそうだわい。。。

d0209553_1321363.jpg先月、めぐみ教室で撮った写真を
生徒さんが送ってきてくれたので
ありがたく載せちゃいます♪

焼きカレーパン♪


d0209553_13204293.jpgドーナツは揚げました〜
上の白いグレーズは
粉糖を牛乳で固めに練り
溶かしバターを加えたもの。
分量は適当で大丈夫。
バターは有塩のほうが甘じょっぱくて美味しいです。
もう少し弛めにすると
クリス◯ーク◯ーム◯ーナツ風になります♪
マフィンに乗せても美味しいよ〜


d0209553_1321381.jpgめぐみランチ。
スープとサラダ付き。
カレーパンはコーヒーフィルターに入れると
手がベタベタしなくていいですよ♪

この日は、妊婦さんが3人一緒にお昼を食べたのですが、
食後、一人が陣痛が始まったようで、
小松先生は分娩室へ行っちゃいました。

めぐみでパン教室をしていると、
さっきまで階段を登り降りしていた人が、
パンが焼ける頃には生まれてる、なんていうことがよくあります。
割とお産の進むのが、速いんですよ。

助産院だと、お産は病気じゃない、って本当にそうだなって思います。
病院だと、病人にされてしまうような気がする。
ハイリスクの人や、助産院で産めない条件の人は仕方ないですが、
健康で、充実したお産をしたい人は、助産院はとてもいいと思います。

私は、今は昔のことですが。
[PR]

by salix-kyo | 2013-07-05 13:39 | パン