一粒の麦

salixdays.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 29日

ワッサンわっしょい号!

祝・九州新幹線全線開業! ・・・て遅いか。
カンヌ国際広告祭、獲ったし。開業はタイミング的にはあ"、でしたが。
ちなみに私が気に入っているコチラも獲ったようです。

そんなこんなで、九州のこの方盛岡のこの方が結託し、なんかここ4日間、パンブロガーがえらいことになってます。
最近、悪の組織と化していないか?
わたしゃ先週から月末まで1日も休みなしの死のロード継続中で、ここんとこの気温の変動もこたえてて、ほとんどPCにも触っていなかったのですが、昨日(6/28)久々にごまさばさんのところを覗いたら、えらいお祭り状態で、浦島さりくす、ぼーぜん自失でしたよ。

こんな時期に? なんでクロワッサン!!
てゆうか、もりげき祭、直前やないかい!
レッスンせ〜い!!

あんまり誰も言わないので、いちおう突っ込んでみました。
白波五人男並のキメポーズ、期待、サバレンジャー。

忙しいのよ、ほんと。
私、丈夫じゃないし。
外気温20度以上ある時は折り込みしないって決めてるし。
・・・ぁあ、なんか負けてるよ、私!

そんなんで、貴重な半日、使っちまいました。
d0209553_2322281.jpg

d0209553_2323426.jpg・・・一反木綿的何かが?


d0209553_23263152.jpg実際、朝6時から気温30℃の悪コンディションで作ったのは初めてで、普通よりイースト分量を0.5%減らしたのですが、半分(1.5%)にしてもよかった。
生地を冷やしてあっても、はじっこはモロモロ破けてくるし、写真を撮ろうとしているとぶわんぶわん発酵してきちゃうし、三角状態からちょっと麺棒かけるとキャンバス地にはりつくし・・・
仕上げ発酵は10〜15分でソッコー焼成しましたよ。


d0209553_23381685.jpg見かけはまぁ、それなりですが。
そこのアナタ、巻き方が甘いとか、言わないで。
わかってるから。

d0209553_23425869.jpg・・

d0209553_23433364.jpg・・・

d0209553_23443167.jpg・・・!
とまあ、トホホな仕上がり。
vivianさんはさすがの完成度で遠く及びませんが、やっぱり皆さん苦戦している模様。
頼む、も少しハードル低いパンでやるか、せめて梅雨前にしてくれ。
ワッサンわっしょい号、上野で乗って大宮で降りた感じ。
一応参加。ノルマ達成?
・・・やっぱ負けてるかも。

[PR]

by salix-kyo | 2011-06-29 23:58
2011年 06月 17日

吉田 愛さんのコンサート

6月15日、外神田にある神田キリスト教会で、吉田 愛さんとご主人のアレックス・ガイさんによるランチタイムコンサートがありました。
愛さんはイタリア・ドロミテ渓谷在住のオルガニストで、ブログで仲良くして下さっている方です。
私が個人的に描いていたマンガを差し上げたり、レコ芸で特選盤となったCDをいただいたり、というブログ外でのお付き合いはあったものの、本人に会うのは初めて。わくわくしながら行きました。

d0209553_149385.jpg丸ノ内線・御茶ノ水駅から昌平橋方面に下り、外堀通りより1本秋葉原側の道を少し行くと教会の入り口があります。
付近はもうアキバ感が渦巻いていて、メイドカフェの呼び込みはあるわ、中古電気製品はたたき売られているわ、巻きコード山積みの店はあるわ、オシロスコープかかえたおじさんが歩いているわ・・・
私的にはコード屋とベアリング屋がツボでした。
なんか、ケバブ屋が大繁殖していた・・・アキバ名物なのかな?
d0209553_1413147.jpg
神田キリスト教会入り口。
ランチタイムコンサート、ということで曲は4曲。J.S.バッハ、モーツァルト、ホミリウス、J.C.バッハ(息子バッハの一人)だったけど、知ってる曲は1曲もなかった・・・
オルガンは20ストップで、ウチの教会とほぼ同規模のはずなんだけど、小さく感じました。
教会自体も100席程度のコンパクトな大きさで(立地を考えれば当然)オルガンも壁に組み込まれているタイプだったのでそう感じたのかもしれません。多分、見えない所の方が大きいのでしょう。
礼拝堂の音響はデッドな感じで、オルガンの音が直接聞こえてほとんど残響はありませんでした。ちょっと残念。
愛さんの演奏は、はつらつとしていて、とっても素敵でした。オルガンの連弾って初めてきいたのですが、しっかり息が合って、より多くの音の重なりを聞けました。鍵盤があと1段多いと、更に音色のバリエーションが増えるのかな?
しかし、オルガンの鍵盤幅ってピアノより狭いのに、よく並んで弾けるなぁ・・・

d0209553_14305590.jpg演奏後、愛さんとご対面。
私が名乗ると、
「マンガそっくり」
と言われ、超ウケていた模様。(私自身が出てくるマンガなのです)
演奏旅行中なので、もしかしたらパンは止した方がいいかな? と思ってクッキーとシフォンケーキを差し入れました。
パッケージには全く凝らないので(捨てる物には金はかけない主義)ひどい有様ですが、喜んで下さったようです。よかった。


コンサート後は、西麻布のギャラリーEMへ。
d0209553_14381980.jpg

知り合いの写真家・永嶋勝美さんと、藤井英男さんの写真展を見に行きました。
永嶋さんは20年以上前からの知り合いですが、藤井さんは初めてお目にかかりました。ファッション写真界の大物・・・ということですが、見た目はニコニコしている普通のおじさんでした。お酒好きらしく、チーズクッキーが超ウケていた。
d0209553_150923.jpgお二人とも自動車が好きで、50〜60年代のクラシックカーをテーマに、モノクロで撮られています。好きなことは仕事にしない人の、全力で遊んでいる写真です。
ルマン・クラシックの写真なんか、ファンジオやホーソーンが写っていそう。(すいません、わかんないですよね、自動車レースなんて・・・車も鉄もミリも好きなの)

d0209553_1571645.jpgギャラリーの看板娘、エミリーちゃん。
今回は眠そうで、あんまり遊んでくれませんでした。

帰りは渋谷から副都心線。疲れてずっと爆睡でした。

[PR]

by salix-kyo | 2011-06-17 15:28 | 音楽
2011年 06月 14日

期限切れでも・・・

日曜日、私の教会は年に2回の大掃除の日でした。
私の担当は、たまたまキッチンだったのですが、冷蔵庫の中から出るわ出るわ、賞味期限切れの調味料。
その中に、未開封の四つ葉バターがあったので、ちゃっかりもらってきてしまいました。

d0209553_16204844.jpgもう2ヶ月ぐらい過ぎていたのですが、紙をはがしたら、表面もきれいで酸化した様子もなくラッキー♪
でも授業では使えないし、早めに食べた方がいい、ということでブリオッシュ系の生地をつくろうかなと思っていたら、長女からリクエストが入りました。

d0209553_16261252.jpg編みパンです。
生地はブリオッシュなのですが、ひも状にして編みます。
編み方は色々ありますが、これは4本平面編み。(実際は2本で編んでいます)
丸い方は平らに編んだ生地をくるっと巻いているだけです。
4本編みは4〜5年ぶりで、しばらく手順が思い出せなかった・・・
編み始めると、手が覚えているのですが、初めの所が
「???」という感じで、トレーニング不足だなぁ・・・

パン生地って、成型の仕方が違うと味が変わります。
ブリオッシュ・ア・テートのような成型と、このような編まれたパンは食感が全然違うのです。
ひも状に成型された生地は、生地に方向ができるせいか、引きが強いように思います。
ア・テートの方がほろほろした感じです。

せっかく作った編みパンだったのに、配合を間違えて、ちょっとあっさりめの味でした。
元のレシピが砂糖15%なので、耐糖性の金サフを使ったのに、計算ミスで10%しか入れてなかった・・・
金サフの意味、ナッシング! ・・・・ぁぁ

d0209553_164418100.jpg助産院パン教室用の写真を撮っているところ。
笑ってやってください。
うちのレフ板はノートです。
やっつけだよね〜
でも、結構効果あります。
表紙が硬いノートの方が使い勝手は良さそうだけど。

[PR]

by salix-kyo | 2011-06-14 16:57 | パン
2011年 06月 10日

春の献品セール

私の行っている教会では、毎週木曜日に婦人会の例会があります。
d0209553_2353466.jpg

一階の小礼拝堂で、主に既婚女性を対象とした1時間程の集会です。
私は、3・4週は助産院での出張講師の仕事が入っているので、月に1〜2回しか参加できませんが、ほぼ女性のみで平日午前、という条件なので、クリスチャンでない方でも教会に来やすい集会だと思います。
教会は誰が来てもいい所なんですが、つてがないとなかなか入りにくい所のようです。
そんな木曜婦人会で、春と秋に「献品セール」という企画があります。
元々は家にある使わない物や着なくなった服、子供服を持ち寄って、必要な人に生かしてもらう、というコンセプトだと思いますが、それに加えて手作り品も出品されます。
いわゆるバザーとちょっと違うのは、婦人会の例会とセットになっていること。賛美歌を歌ったり、牧師のメッセージを聞いたりした後で、献品セールが始まるのです。

d0209553_0194265.jpgいつも人気のお菓子類。
手前のマカロンは、パティスリー志望の男の子(ウチの長男と幼稚園が一緒だった!)の作。
アールグレイ風味の生地にガナッシュが挟み込んであって、おいしかったです。
持って帰って来る途中で木っ端みじんになっちゃいましたが・・・
右奥の方に私のお菓子もちょっと見えています。
もちろん、私は質より量ですとも。

d0209553_0244188.jpg今回は特に充実していたお裁縫作品。
小さめのバッグが可愛くて、300円という安さ。
見に行ったら、最後のが売れた所でした。
残念・・・

d0209553_0294660.jpgケーキのようにディスプレイされた洋服。
けっこう掘り出し物も多く、去年の秋のセールでは、私はアクア○キュータムのコートをゲットしました。今後何年かはコートは見ないことにします。
値札のついているものもありますが(引き出物のタオルとか、ちょっと高そうな食器セットとか)基本的にはお志を献金箱に、というスタイルなので、なんだか持って行かなきゃ損、という気分になってしまいます。
残ったら某団体にまとめて送られる、ということなので、とりあえず気になった物は確保して、イマイチだったら次の献品セールに出せばいいや、というのが基本姿勢。

d0209553_043431.jpgわさわさしています。
バーゲン会場状態。
服をよっていると、だんだん理性のタガが外れて、下げている袋がパンパンになるほど服をゲットしている自分にハッと気付く。
私はいつもここでバッハのマタイ受難曲にある「人よ、汝の罪を嘆け」という合唱曲を思い出してしまうんですが・・・バッハ、泣いてるね。

d0209553_0433540.jpgこういう所では、その人の性格の一面があらわになるような気がします。
すっかり販売員になりきって、おすすめしまくる人。
いろんな服を合わせ、コーディネートする人。
服をネタにおしゃべりを楽しむ人。
目が狩人の人・・・

小さい人の服はすぐ着れなくなってしまうので、ママたちにはうれしいイベントです。
大物のチャイルドシートやベビーカーが出る時もあります。
自分が活用できなかったり、すぐに着れなくなってしまった服が、誰かの手によって新しく生かされているのは、うれしいことです。
次は11月。ツメを磨いて待っていよう!
[PR]

by salix-kyo | 2011-06-10 01:21 | 教会
2011年 06月 04日

place41さんの石けん

ブログを通して仲良くして頂いている、place41さんの石けんを買いました。
d0209553_18135953.jpg


私、1年程前から、コールドプロセスで作るマルセイユ石けんを作っては使い、作っては人にあげていたのですが、
震災後、作る気がなかなか起こらず、
「あ〜、作んなきゃぁ〜〜」
と思いつつ先延ばしにしていました。
そしたら、あったと思っていた在庫が大ピンチ状態に!
なにしろ、仕込んでから出来上がりまで、少なくとも1ヶ月はかかるのです。(本当は、2ヶ月ぐらい放置しておいた方が、しっかり固まる)
計画性のなさがバレバレですね!

そこで、かねてよりブログを愛読させていただいていた、placeさんの、プロの石けんを買うことで速攻解決。
いずれは、クレイを使った製品を頼もうとずっと思っていたのですが、現在在庫切れ、ということでしたので、竹炭とカモミールで手を打ちました。

d0209553_1832029.jpgこれは、おまけで付けていただいたシアバターマンゴーバター
シアは聞いたことがあるけど、マンゴーは初めてだ〜
こんな高そうな物を・・・
送料もタダだし・・・
place41さんのお買い物サイトはこちらから。
placeさん、損しない程度にサービスしてくださいね!
あたしゃ、心配ですよ!

早速シアバターをリップに付けてみると・・・なんか、きもちいい・・
私、ものすごく荒れ性なんですが(北風に当たっただけでガサガサになる)これはくせになりそう。
うーむ、パン教室のおねえさま達がロクシタンに走るわけだ。
夏はうっとおしそうな感触ですが、冬は尿素クリームとダブル付けすると効果がありそう。

d0209553_18395475.jpg私の石けんの残り。
去年の秋に仕込んだ最後の所。
形がヘンなのは、牛乳パックの頭の三角部分だから。
ほんと、ギリギリのタイミングで、切らさずにすみました。
もお、首を長くして待ってましたよ。

d0209553_1843110.jpgこっちは、自家製。現在乾燥・熟成中。
一応、来週末には4週間経過するんですが、梅雨時のせいか、まだやわやわなのであと2〜3週間ぐらいは様子を見た方がいいかも。
できたての石けんって、下手すると3〜4日で溶けてなくなってしまうのです。
もちろん、浴室に放置しておくと、へにょへにょのトロトロに・・・
絶対乾燥しよう!
しばらくはplaceさんの石けんがあるので、焦らずじっくり熟成を待てそうです。

placeさん、ありがとうございました!
またブログ楽しみにしていますね!


[PR]

by salix-kyo | 2011-06-04 18:55 | 石けん
2011年 06月 04日

ついに、ゴパン!

といっても、例の三洋のアンチクショウではなく、578さんが布教に励んでいる、パンの中に炊いたご飯を入れるというもの。
ずっと気になっていたんですが、なんとなく自主規制(?)して作りそびれていたら、ごまさばさんが笑撃のゴパンを、突っ込みどころ満載で作っていたので、こりゃわたしも一辺作ってみなければ、という気になったわけです。

d0209553_9274363.jpg成型写真でございます。
生地は、山食(何でもいいんだと思う)の配合で、粉は300g。その中に炊いたご飯を90g入れるだけ。ベーカーズパーセントで言えば30%ですね。
普通にこねましたが、粉は蛋白質が多い方がいいんじゃないかな。私は、食パン系はいつもスーパーキングを使っています。
さて、普通に40分程度発酵させたのですが・・・ご飯のぶつぶつがそのまま残ってる・・・
いいのか、これで?!

d0209553_93771.jpg止しときゃよかった気分満点で、丸め、ベンチ、成型と進み、焼成。
普通の生地よりべたつくので、手粉は必須ですが、内相が悪くならないように最小限で。
実は私、三ッ山は初めてです。今まで常に二山でした。
真ん中の生地は最後に入れるのかな? 

d0209553_943839.jpg

完成・・・釜伸びあんまりしてない・・・
こんなもんなのかな? ごまさばさんのパンの方が釜伸びしてるように見えるのは・・気のせいかしら・・・ぁぁ・・

表面にご飯の痕跡を残しつつ焼き上がったゴパンですが、案外中はご飯つぶ感はなし。
米粉的むちむち感があって、甘みが強い感じで悪くなかったです。
軽いさくさくトーストが好きな方はイマイチかもしれませんが、角食派の私は普通の山食よりもこっちの方が好きです。・・といいつつ、半分近所のさやぴぃに押しつけました。
最近子供達が食パン食べないので・・・

残りご飯はパンに入れよう!
90gずつラップして〜 

ゴパンベーグルもありなのかな?
[PR]

by salix-kyo | 2011-06-04 10:13 | パン