<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 28日

助産院のパン教室

d0209553_001976.jpg
先週の木、金、土は、三日連続で助産院のパン教室がありました。
メニューは、
  ・パネトーネ
  ・コルネツリー
  ・ウィーン風バトン

の3種類。普段は2種類なのですが、パネトーネは紙型に入れるだけだし、コルネツリーもお菓子系なので、食事用にウィーン風バトンを入れました。


パネトーネは紙型に入れるだけ・・・なので、簡単かと思いきや、これがなかなか色々あって・・・
紙型を大と中の2種類用意してあったのですが、大きさの違いがあまりなくて、金曜日は間違えて大の生地を中の紙型に入れてしまったり、発酵が遅くて仕上げ発酵に2時間近くかかったりと、思わぬ事態が続出でした。

d0209553_0194395.jpg


焼き上がり〜 これは木曜日の写真ですが、この日はまだ発酵の見極めが甘く、あまり上がっていません。あと20〜30分待てば良かったのですが、どうしても焦って早く焼いてしまい、やや発酵不足の焼き上がりでした。
パネトーネは、忍耐が必要なパンでした。


d0209553_0175413.jpg
こちらはウィーン風バトン。手前は焼く直前のコルネツリー
実は、ビゴさんの本に出ていた「プティ バゲット ヴィエノワーズ」というパンを丸写しにしようと(あまり宜しくないことを)思っていたのですが、試作してみるとやや私の好みとは違ったので、かなり配合を変えました。
なので、一応オリジナルと言えるでしょう。

ウィーン風バトンの配合
  強力粉    210g
  薄力粉    90g
  イースト    5g
  砂糖     30g
  塩        5g
  バター    30g
  卵      39g
  牛乳     171g
20分ほどよくこねて(こね上げ生地温30℃)40分一次発酵。
120g又は60gに分割して丸め、15分ベンチタイム。
麺棒で軽く伸ばして90°向きを変え、奥から巻き込み、棒状に細めに伸ばす。斜めにクープを細かく入れてから仕上げ発酵を30分とる。
焼成は170〜180℃で12分程度。

軽くて、バターと牛乳の風味たっぷりで、とてもおいしいパンです。砂糖の分量は、好みでもう少し減らしてもいいかも。

d0209553_2359798.jpg


助産院のパン教室は、こんな感じで小さい人たちもまぜまぜ。
小さい人たちはお腹がすくのもトイレも待てないので、可能な限りそちらを優先にして、パン生地に待ってもらいます。パン生地が待てない時は(夏に多い)ゴメンナサイ! で成型やらトッピングやらしてしまいますが、なるべく丁寧にフォローするよう、心がけています。

金曜日は、幼稚園のママ友6人と幼稚園の小さいお姉さんたちと未就園児で、小さい人が大人の倍もいました。(写真撮ってる余裕なし)
でも、女の子たちは沢山いてもそれなりに収拾がつくし、幼稚園生はちゃんとお手伝いできるので、(ママ達は大変そうでしたが)総勢18人(!)でも大丈夫でした。

土曜日は日頃学校に行っている小学生も加わって、前日とはまた違った様子。何人かはサンタさんのプレゼント持参。大きいお兄さんはちょっとつまらなそうで、早々に携帯ゲームとにらめっこしてました。
土曜日の教室は働くママが多いので、みんなパワフル。「貪欲に楽しみ、吸収する」という感じです。

これが今年の仕事納め。今年もいろんなパンを作り、様々な出会いがありました。
来年も、パンを通したいい時間を共有できるといいなあ。
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-28 01:45 | 教室
2010年 12月 23日

パンのクリスマス便

今日は、兄弟、親戚へパンのクリスマス便の発送をしました。
d0209553_2325911.jpg


メニューは

  ・自家製酵母カンパーニュ
  ・パンドーロ
  ・角食パン
  ・チョコロール
  ・あんぱん
  ・ベーグル(プレーン&チーズ)
  ・レーズングラニュー
  ・肉まん

我ながらよく作ったもんだわ。
ほんとは、マカロンも作る予定だったけど・・・

d0209553_2351827.jpg
これはチョコロールと散乱するパンの数々
奥のパンドーロとカンパーニュは、前日焼きました。
チョコロールは、どこへ持って行っても大人気です。
最近は、チョコシートがネットショップで買えるので、便利になりました。
でも、成型はやや手ごわいパンです。



d0209553_23839.jpg
こちらは角食と散乱するパンたち
私が写真を撮ると、どうして現場写真になってしまうんだろう・・・
takacocoさんやyummyさんを一応目指してはいるのですが。
全体に写真が黄ばんでいる。



d0209553_241387.jpg
あんぱんとベーグル。どっちかわかる?

計算してみたら、おおむね6㎏の粉がパンと変わって旅立ったようです。
朝8時頃から始めて、全部出来たのが3時でした。


d0209553_2562760.jpg


レーズングラニュー。今日はパウンド型で焼きました。
ウチ用は1.8斤ケースで焼くのですが、それだと一度に2本しか焼けないので、今日は4本焼けるパウンド型で。
レーズンが少し足りなかったので、カレンズ(小粒のレーズン)も混ぜて。
こういうパンを作る時、レーズンをちょっとぬるま湯で戻すのですが、その付け汁を天然酵母の更新のときに混ぜると、ちょっと元気がなくなっていた元種が、がぜん元気になるのです。
ダンナがボウルに入ったフシンな液体を見て、
「これ、いるの?」
いりますよ! 酵母達のドリンク剤です!

d0209553_315599.jpg
最後に蒸し上がった肉まんを冷ましている途中、致命的な失敗に気が付いた!
弟の引っ越し先の住所がわからない!
しかも、私はケイタイ持ってないので、携帯のアドレスもわからない。
母も叔母も出掛けているようで、家電にはでないし、母のメルアドはわかるけど、携帯番号はわからない。(考えてみるとこれもマヌケな状態だ)
母の携帯にメールを入れておき、やきもきしながらパッキングや伝票書きをしていると、5時過ぎにゼ−ハ−している状態の母から電話が。職場(近所のデイサービス)から走って帰ったらしい。
気持ちはありがたいけど、危ないよ! こけて骨折したら、骨、くっつかないんだから!

とにかく、宅急便のお兄さんが来る前に、事務作業が終わってよかった。
5時以降で、という集荷時間は、結局7時過ぎでした。あわててソンした?!


[PR]

by salix-kyo | 2010-12-23 03:36 | パン
2010年 12月 20日

昨日はクリスマス礼拝

昨日は教会クリスマス礼拝でした。
土曜日は「クリスマスの集い」、24日は「クリスマスイブ礼拝」があるのですが、私たちにとってはこのクリスマス礼拝もまた重要です。
聖歌隊の特別賛美や聖餐式、そして洗礼式がありました。
その後に、クリスマス祝会としてみんなでランチタイムなのですが、このランチに普段は付かないロールケーキが付くのです。
そのケーキを土曜に焼きました。
d0209553_16275840.jpg


「今年もお願いしますね★」
と言われ、気軽に
「はいっ」と答えてしまったのが、運の尽き。
よく考えたら、去年までは土曜に仕事を入れていなかったのですが、今年から第3、第4土曜日は助産院のパン教室を入れていたのでした・・・自爆・・・
なにしろ、人数が多いのです。
以前150食出たこともあって、最低ロールケーキ10本、本当は12本は用意したい。
2時過ぎに帰って、3枚スポンジを焼いては冷まし、クリームを塗って巻き込んでラップで包んで冷やすという作業を4回。
なぜ3枚づつかというと、生クリーム1本を分けるのに、3枚ぐらいが限界なのです。
プレーン生地にチョコクリーム、ココア生地はプレーンな生クリームかチョコクリーム、抹茶の生地にあんこクリームを巻き込むのが定番なのですが・・・抹茶、ないじゃん!!
しばらく製菓用の抹茶を使っていなかったので、欠品しているのに気付きませんでした・・・あぁ

そんなわけで、今年はプレ−ンな生地にあんこクリームという、やや締まらないことになってしまいました。
もちろんこんなに冷蔵庫に入るわけもなく、ベンチタイムの時に使う番重を2段重ねでベランダに置き、外気が冷蔵庫代わりです。番重の容量からすると、あと3本はいけそうですが・・・。
全部終わったのは2時(テレビ的には26時)過ぎでした。
コシがいたい。
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-20 17:01 | 教会
2010年 12月 16日

西麻布のギャラリー

なかなかPCに触れずにいましたので(家族4人で1台のMacを奪い合っている)、ちょっと前の話題です。
日曜礼拝の後、西麻布のギャラリーEMへ、金子源さんの個展を見に行ってきました。
知り合いの写真家、永嶋さんのブログに素敵な写真が載っていたので、見てみたい! と思い、日曜の午後の強行軍でした。(私は体力があんまりないので、1日2件の外回りはけっこうつらいのです)


d0209553_15383973.jpg
これはギャラリーの入り口。
「西麻布」なんて言うと、どんなにすごい所なんだろう、と思う向きもあるかもしれませんが、割と普通の住宅地の感じです。
ご近所には格闘技の道場があったり、かなり年季の入った一戸建てがあったり、出前のバイクが走っていったり、です。もちろん、オシャレなおうちも沢山ありますが。


d0209553_15411378.jpg
このわんこは、ギャラリーの看板娘、エミリーちゃん。
今回、個展を開いている金子さんは、ギャラリーのオーナーの竹内さんとは、エミリーちゃんつながりのお知り合いだそうです。



d0209553_15511517.jpg


ギャラリー内部はこんな感じ。一回り見ても、あまり疲れない分量の展示です。
金子さんの作品は、撮った写真をソフトでデジタル加工したもので、日常ありそうな光景が、鮮やかな色彩で再構成されている・・・といった感じでした。(すいません、表現力が貧弱で)


金子さんとは初対面だったのですが、とってもきさくな方で、竹内さんと3人でおしゃべりを色々しました。
その中で、竹内さんが、立体写真の雑誌(?!)を、出してきてくれました。(例の、小学○年生に付録でついてくるような)赤青のセロファンが張ってある立体メガネを通して見ると、立体的に見える、というフレコミなのですが・・・
う〜ん、確かに奥行きは見えるけど、写真の色が変になるし、ちょっとねぇ・・・という感じのモノ。
ところが、これが金子さんにストライク! だったようで、付録に興じる小学男子よろしく、あっちこっちのページを見ては、感動し、メガネを左右逆にしては、「気持ち悪い〜 引っ込んでみえるよ」と、竹内さんにメガネを渡し、(もちろん私も見ましたとも)果ては、自分の作品を見て、
「これ、立体にみえるよ!」
・・・何ですと!?

メガネを渡され見てみると、確かに言われれば、そう見えなくもないかも・・・

d0209553_16205328.jpg
味をしめた(?)金子さん、自分の作品を赤青メガネで1枚づつチェックに余念がなく、これは行ける、これはダメ、と立体対応作品の確認をしていました。


d0209553_162989.jpg
最終的に、最も立体対応な作品は初めに見たもの、ということでこの作品の下には赤青メガネを装備していました。
今週行く人は、みんなこのメガネで見ることになるのでしょう。

金子さん、竹内さん、ありがとうございました。

[PR]

by salix-kyo | 2010-12-16 16:38 | 写真
2010年 12月 13日

コルネツリーパン

d0209553_16473522.jpg
金曜、土曜とパンの試作と教会での頼まれものなどを作りました。
これは、今月の助産院でのパン教室の予定のパン。
以前kojikoさんのブログに出ていたコルネのツリーです。
パン屋さんで売っているのは以前見たことがあったのですが、普通に寝かせた状態で作ると思っていたら、どうやら立てて発酵させる模様。
ここ数年、助産院パン教室の12月は、ツリーパンとシュトーレンを作っていたのですが、ややマンネリ化しているなあ、と思い、今年はコルネツリーパネトーネに決定!
d0209553_1722108.jpg
こちらが成型直後の様子。
1枚の天板に6個のツリーがお行儀良く並んでいます。
一見かわいく見えますが、卵を塗る時、かなり気を遣います。
そそっかしい私は、危うくひっくり返しそうになりました。
てっぺんを押さえて卵を塗れば、塗っているものは倒れませんが・・・
助産院のオーブンの天板は、ウチのより大型なので、ドミノ倒しでカタストロフ! ってことにならないよう、祈るばかり・・・
それに、この手前のコはよく見ると下の部分に「空き」があって、コルネ型が見えていますよね?
これが実は大失敗で、焼き上がった後に型を抜いてしまうと、まっすぐ立たず、すぐ倒れてしまうのでした。

試作って大事です。



d0209553_17355648.jpg

さて、見るも無惨なこのリース。
以前画像をアップしたものですが、なんと製作後一週間も経たずにこの有様。
ウチの22になるお姉様が、リビングのドアを閉めついでに落っことして行きやがりました。
ハハに似て、そそっかしいのでしょう。
そういえば、私の母もかなりそそっかしい。(看護婦やってるのが、かなりコワい)
まぁ、何かをひっくり返したり、落っことしたりする程度のそそっかしさで済んでいるのが、せめてもの救いです、はい。



[PR]

by salix-kyo | 2010-12-13 17:57 | パン
2010年 12月 10日

教会のクリスマス会

d0209553_13572060.jpg昨日は私が通っている教会で、婦人会のクリスマス会がありました。
婦人会は毎週木曜日の10時から、なのですが、クリスマス会はポットラックと決まっているので、その準備を見越してか、この日は10時半始まり。
いつもの婦人会のプログラム(賛美、お祈り、牧師のメッセージなど)の後、お昼にクリスマス祝会となります。




d0209553_1492899.jpg


d0209553_14105580.jpg
婦人会のクリスマス会は、みんな腕によりをかけて得意料理を持ってくるので、お皿の上はとってもおいしそう! 迷ってしまいます。
このバイキングを制覇するこつ(?)は、
まずデザートを確保すること! これが鉄のオキテです。
お料理に比べて相対的にデザートが少ないので、すぐなくなってしまうのです。
ご飯ものは二廻り目でも割と残っているのですが、デザートはすぐになくなることが多いので、後で食べるものでも先にしっかり取っておかないと、残念なことになるわけです。
かなりあわてていたので、自分の出した物の写真を撮り忘れていたのですが、縦長の料理写真の奥にあるツリー型の物が、前日作ったパンドーロです。
薄めの「輪切り」にして、間にカスタード&生クリームをはさんで積み上げました。ウケてよかった〜☆



d0209553_14444559.jpg


帰りにお友達のひさごんのおうちに寄りました。
いつも元気いっぱいに迎えてくれるのがうーちゃん
手につけたハンドクリームがおいしいのか、手を舐められまくりでした。

帰り、かなり疲れていたようで、電車の中で立ったままウトウトして手すりにおでこぶつけちゃいました。
立ったまま寝たのは初めてだ〜
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-10 14:52 | 教会
2010年 12月 08日

今日のパン教室

d0209553_22555359.jpg


今日は、ママ3人と1歳過ぎの小さい人での特別講習。
クリスマスのパンドーロを作りました。写真だと大きさが判りづらいのですが、頂上が直径8㎝ぐらい、底の長い所で17㎝ぐらいで、わりと存在感のあるパンです。
一番生地、二番生地、三番生地と徐々に材料を加え、水分はほんの少しのイーストを溶かす水と卵だけ。こねすぎないように注意しながらグルテンをつないでいくパンです。
このパンのすごい所は、一週間たってもあまり固くならないところ。断面はスポンジケーキのようで、まさにイースト菓子。
こねすぎてしまうと、この柔らかさは出ないそうです。

特徴的なこの型はドーロ型という、まあそのまんまの名前なのですが、かなりお高い値段で、私としては今年の一番の買い物でした。
ちなみに去年の一番はマトファーの16㎝シャルロット型。
こうして型が着々と増殖していく・・・



d0209553_23213811.jpg

こちらはトッピングシュガーをかけたところ。

試食の時は薄めに輪切りにして、カスタードをはさんで食べてもらいました。
生地にもバニラビーンズが入っているので、バニラ×バニラで、女子受け度高し。

型が2個しかないので、授業で二廻り焼いて、更に明日の教会の持ち寄りのためにもう一廻り焼きました。
それ以外にも頼まれものを作ったりして、
今日の卵使用量はなんと21個!! 

月曜日に生活クラブで来た卵を、今日一日で半分近く使ってしまいました。
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-08 23:43 | 教室
2010年 12月 07日

今日はパン工場

d0209553_151885.jpg
今日は月曜のはずが、いつのまにか明日になっちゃってますが、テレビ的にそろそろ26時です。
今日のパンはうり坊が12匹・・・ 
5個しか写してませんが、12本焼いてます。
このパンをSさんから頂いたのがきっかけで、パン教室に通うことになったのですが、Sさんが作ると本来のすんなりした形なのに、私が作るとなぜうり坊?

12本などというムタイな注文を下さったのは、長女が行っていた幼稚園のナーサリーのお手伝いをしている友達で、これ以外にスポンジも4枚(ロールケーキになる前の状態)焼きました。

明日(というか今日)はクリスマス会。おいしく食べてください。

長女はもうすぐ22歳なので、18年ぐらいのおつきあい・・・トシとるわけだ。



d0209553_284577.jpg
今日はもう1本焼いていて、それがかなりトホホなパンとなってしまいました。
ううっ・・・ 横から割れてる・・・
レーズン由来の自家製酵母で日曜の夕方にこね、10時頃に成型して野菜室でオーバーナイト発酵して、朝5時半に出したのを8時過ぎに焼き始めたのだけれど・・・ 
焼くのが早すぎのようでした。
芯もずれているみたいです。

以前来ていた関西出身の方に、
「先生、イラですね」と言われるぐらい、はい、こらえられません。

あちこちのブログで、いい割れ方をしているパンを見ると、アセるわ。

でも、元気のいいパンなんだ! という慰め方でとりあえず自分を納得させておこう。

パンも子供も、自分の伸びたい方向に伸びるもんだなあ。
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-07 02:30 | パン
2010年 12月 03日

クリスマスリース

d0209553_15534595.jpg

昨日の夜に、5本編みのクリスマスリースを作りました。
1単位こねると2個できるので、リボンを通す穴の位置を変えて、違ったイメージになるように。
・・・でも、同じ生地量なのに、なんで大きさが違ってできるんだろう・・・同じようにのばしているつもりでも、長さが違ったり編み目のきつさゆるさの違いで、思ったよりも大きさが違う・・・
一年に大体1回しか作らないので(一応、特別講習でやりますが、ほとんど希望がない。みんな食べられるパンの方がいいみたい)、なかなかうまくならないのです。
生地をひも状に80㎝から90㎝ぐらい、均一に伸ばさないと、でこぼこしたひもになってしまいます。
また、編む時に5本のひもを一定の角度と引き具合でで編んでいかないと、こっちの編み目はきつくてあっちの編み目はゆるゆる、ということになってしまうのです。まん丸に作るのも難しいし。
でも、こういう工作的なことは大好きなので、年に一度のお楽しみ。

d0209553_15561889.jpg




今日も教室があって、ママ3人ともうすぐ1歳の小さい人が来てくれました。
メニューはブリオッシュ2種類。リング型で焼いたブリオッシュはリースみたい。味はあっさりめなので、サンドイッチにしても良い感じです。かなりテンパっていたので、写真を撮っておかなかったのが残念。

d0209553_1612866.jpg
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-03 16:23 | パン
2010年 12月 02日

はじめまして

はじめまして。さりくすと申します。9月からネットを始めた初心者です。あまりにも多くのパンやお菓子のブログがあるのに驚きつつ、私も少しづつ発信していきたいと思います。どうぞよろしく。
次男が生まれて半年ぐらいたった頃からパン教室に通い始め、今では埼玉の自宅で小さな教室を開いています。(ちなみに次男は現在高一)

d0209553_13343100.jpg



実は昨日(12/1)、ブログを書き始めたのですが、うまくアップできず、アップできたと思ったら写真が数字の羅列になっていて、半日格闘した結果がコレ? とへこんでました。
どうやら写真のサイズが大きすぎたようで、今日の午前中iPhotoのヘルプを探しまくってようやくサイズダウンのやり方を見つけ、アップできたのです。やったー。
そんなダメダメな発車でしたが(先行きかなり不安・・・)自分のペースで更新していけたら、と思ってます。



というわけで、昨日の話題。
12月に入って、クリスマスシーズンです。教室は大人2人と小さい人2人で、シュトーレン2種とおまけのツリーパンでした。
幼稚園前の小さな女の子2人は食欲旺盛で、おやつのおむすび(!)を食べたにもかかわらず、ママ達の試食タイム前に、ツリーパンを二人で1個完食(!!) さらに2個目も半分制覇(!!!)
・・・大きくなってね。
d0209553_1530276.jpg
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-02 16:13 | はじめまして