一粒の麦

salixdays.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:教室( 11 )


2013年 07月 08日

教室認定セミナー

d0209553_15285124.jpg


私の所属しているパン教室は、
会員の中でも個人会員と教室会員に分かれていまして、
まぁ、教室会員というのは
割と大きめの教室で、
先生を生み出すような方や
準師範、師範の認定を受ける方がなるものです。
年会費が倍になるし。

ビンボな私は
「最小の投資で最大の効果を」をモットーに、
師匠の鷹揚さにおんぶしながら
今まで個人会員でなんとか凌いでおりました。

でも、諸般の事情で、ウチから二人の講師希望者が出ることになり、
ついに私も教室会員にならざるを得なくなりましたよ・・・

いやまぁ嬉しいことなんですがね、
元々先生になるつもりもなく、
教室の中でランクアップしようという気もなかった上、
経費は上がるので、嬉しさは半分ぐらい・・だな。
本当は何年も前に認定受けるべきだったってのは
わかっていたさ・・・


というわけで、今日、行って来ました
石神井公園にある東京本校
あまりの暑さに外観撮り忘れなんですが、
パチスロ屋が入っていたり予備校が入っていたりの
ビルの2階なので、ビジュアル的には見どころはありません。
一昨年のマカロンセミナーに来て以来なので、2年ぶり。

今日認定を受けたのは10人で、
私と同じ川越の教室の方もいました。
試験科目の山食とあんぱんを作る合間に
書類の記入の方法や注意点などを聞き、
本校の校長先生の実技見本を見てから再度成型して、
山食を2本とあんぱん3個を作りました。

この間、試験を受ける人を指導するために、
川越の師匠に稽古を付けてもらっていたのですが
なんか相撲取りみたい?
やっぱりあやふやな部分が沢山あり、
どうしてその工程を経るのかがわかっていない
ナサケナイ自分を再発見したのでした。

やっぱり勉強し続けることは大事だな〜
正しい丸めと正確な麺棒の掛け方、
均一な押さえなど、一つ一つの工程が
きちんと出来ていないと、均一に伸びた山が出来ない、
という事を再確認しました。
山が片伸びするのはオーブンのせいじゃなくて、
芯が中心に来た均一な成型が出来ていないからなんだよなぁ。

d0209553_15282356.jpg作業や試食が一通り終わった所で、
認定証の授与式。
一人一人、教室名を呼ばれ、
校長先生から認定証を受けました。


d0209553_15285575.jpg焼きあがった2本の山食と
3個のあんぱん、他を袋に詰めて
無事教室認定セミナーは終了。

外は暑くて出たくない・・・
でも生活クラブの荷物が来るから早く帰らねば・・・
てな感じで、帰ってきました。


あんまり暑いから、新秋津〜秋津の乗り換え(5分ぐらい歩く)はパスして、150円ぐらい余計にかかる地下鉄(小竹向原)経由で帰ってきました。(行きもですが)
明日は中級の授業なのに、この暑さ。どうしよう・・・


本校の先生方、ありがとうございました。
今月は月末にサマーセミナーもあるので、そっちも楽しみだ〜
[PR]

by salix-kyo | 2013-07-08 16:21 | 教室
2013年 06月 27日

今日はめぐみパン教室

微妙に忙しかったりして、気がつけば前回の更新から2週間経ってました。
毎日更新している人々には頭が下がる思いでございますよ。
梅雨時だし、雨、時々更新、ですね。

さて、今日はめぐみ助産院のパン教室でした。
でも、カメラ忘れました。
\(^o^)/オワタ

d0209553_16551233.jpg・・・・じゃなくて、メニューは焼きカレーパンでした。
5人の予定が3人となり、
事前に用意したフィリングが半端に余ったので、
帰ってソッコー生地練って作りましたよ。

一眠りした頃に一次発酵終了で、粉300gの生地で11個。
フィリングを丁度使い切ることができて、我ながらGJ!
残るのも足りないのも、やですよね。

d0209553_16551855.jpg焼き上がりを息子2がさっそく食べてくれた。
今時分は傷みが早いので、どんどん食べて欲しい。
先週残ったフィリングは、結局捨ててしまったので、
今日はちょっとほっとしました。

元気がないと、無駄が多く出るよなぁ。
普通はできることが、体が動かなくてできなかったりする。
歳をとって、昔より諦めがつくようになりましたが。






d0209553_16551263.jpg先週の金曜日に、以前ウチに来ていた生徒さんが始めた、
天然酵母のパンのお店、なじらいやさんに
生活クラブの同じ地区の人達と行って来ました。

なじらい、って、新潟の長岡あたりの挨拶の言葉で、
どうしてる? とか、元気? というような意味だそうです。

d0209553_1781359.jpg売り場はこんな感じで、天然酵母は全部自家製。
最近は庭のびわから起こした酵母が元気がいいようです。
まだクロワッサンとデニッシュも作っていて、
暑いのに偉いな〜
私は外気温が20℃超えたら、怖くて折り込みはできません・・・
って、前にワッショイ号で7月にやったっけ。

d0209553_16555816.jpgコチラが売れ筋のサンドイッチ。
具が毎回美味しいの。
ひじきが入っていた時はたまげましたが。
店内は椅子もあって、自家焙煎のコーヒーが
なんと50円で飲めます。

・・なんか、心配だよ。
も少し商売していいんだよ?

店舗の立地条件がかなり極悪なので、
(駅からバスで10分以上、バス停から徒歩5分ぐらい・・・)
大変なこともあると思いますが、応援してるよ〜

当日の訪問記はコチラ
[PR]

by salix-kyo | 2013-06-27 17:37 | 教室
2012年 08月 02日

夏のセミナー

昨日は、私が所属しているパン教室の夏のセミナーへ行ってきました。
毎年恒例のこのセミナー。
大阪を皮切りに、福岡、名古屋、札幌と回って最後が東京、5週間ほとんど休みなしで講師の先生は授業してくださいます。体力勝負ですね〜
私が教室をやめられない理由の一つがこれなんですが、今年も充実の内容でした。

d0209553_1071648.jpg以前は五反田のTOCでやっていたのですが、3年前から有明のTOCに変わり、建物や内装も美しく、満足度は更に上がりました。
正直なところ、五反田は設備が古く、駅からの距離もけっこうあって、他の開催地はホテルでやってたりして、うらやましかったのです。
同じ金額でなんで?? と思っていたのですが、東京では10日ぐらい開催するので、ガスが使えて日数がおさえられる会場が他になかったようです。

d0209553_107477.jpgしかし、有明近辺って、なんというか・・・

どうしてこうなった 的な建物が多すぎ!
みんな建築家とゼネコンにダマされてない??
走ってるクルマの7割(当社比)は大型トラック&トレーラーだし・・


d0209553_107813.jpgメニューはパン3種類とお菓子4種類、1日250人が受講します。
一応10時開始なのですが、9時ごろに行かないと前の方のいい席が取れないので、私は9時15分に行ったのですが、やっぱり一番前の真ん中はすでに占拠済み。
真ん中寄りの一番前の席に着いたら、隣に座った人は、なんと宮城から来た方でした。

フランスのパン屋も、ここ15年ぐらいは低温長時間発酵やルヴァン種を併用する製パン法が広まっているようです。
バゲットの消費量は減って、雑穀や胚芽などが入った、いわゆるヘルシーブレッドが人気、というのもなんだかうなずける。

お昼は毎年なだ万弁当
しかも毎年撮り忘れる。
どうして食べ物を見ると理性が飛ぶんでしょう??
写真撮るの忘れたのに気づいたのは、家に帰って夕ごはんの後でしたよ・・・

d0209553_1073055.jpg新商品の発表があることも多いです。
これは新しいインバーターのミキサー。
震災の影響その他で部品の調達ができなくなり、新しいデザインの新機種になったそうです。
前のやつは、筐体の成型に色々手間がかかったようなので、コスト削減の意味もあるんじゃないかな〜
なんて思ってたら、値段は一緒でした。

d0209553_1071053.jpg持ち込まれた機材の一部。
見えてるだけで、これ以外にオーブンが5台あったし、裏では試食用のパンを、本校の先生方がガンガン焼いていたので、全貌がどうなっているのか、ほとんどわかりませ〜ん
10日間、セミナーと本校の(いつもの)授業と2方面作戦なので、本校のスタッフは本当に大変だと思います。

d0209553_10415677.jpgセミナー終了後は、先生と写真撮影会&サイン会。
今年の講師・ディディエ・シュエ先生は、一見厳しそうなんですが、中身は関西人のノリというか、途中からオヤジギャグ的な何かが混ざり始め、最後はコントな感じで終わってました。
やり方によっては冷たい視線を浴びそうないきおいで、見ててちょっとヒヤヒヤしましたよ。


d0209553_1073450.jpgさて、終わって帰りがけに、去年から気になってた所に行きました。
パナソニックのショールームみたいなのが途中にあるのですが、その中に任天堂のコーナーがあるので、これはぜひ見ておかねば! と今年は寄ってみたのですが・・・
3DSとWiiの体験コーナーがあるだけだった・・・
しかも子供が群れをなして待っていた。
せめて特別なMiiの配布とか(宮本さんとか手塚さんとか・・)すれ違いのパネル配布とかあればいいのに・・・
ちょっと残念でした。
期待しすぎた私が悪いのか・・
[PR]

by salix-kyo | 2012-08-02 11:29 | 教室
2012年 06月 02日

5月も忙しかった・・

この2週間、死のロード状態で、へろへろでございましたよ。
最近、めぐみ助産院パン教室大繁盛で(いいことなんだが)月末はほとんど休みなしな感じで推移してます。
前は第3、4木曜日だけだったのが、今では5日くらい開催してます(小松先生、ありがとうございます)。
しかも、第4火曜は川越パン教室、その他に第4金曜は絶対外せない教会関係の集まりがあるので、結果的に後半は詰め詰めになる、というわけです。

d0209553_17124534.jpg

5月中に収まりきらず、6月1日にやった、5月最後のパン教室です。(メニュー的な話)

ごまさばさんのいとこさんも出産されたそうですが、ここ、めぐみ助産院では、おととい1人、昨日は午前とお昼に1人ずつ生まれ、昨日の昼過ぎには合計3人の赤ちゃんがめぐみの中でほぎゃほぎゃしてました。
その上、教室に来て下さった方も3名とも赤ちゃん連れだったので、合計6名様の赤子がめぐみに充満(?)していて、ここにいると少子化ってどこの話だろう、という感じです。
とはいえ、以前に比べると、一年間にめぐみで生まれる赤ちゃんの数は減っているそうなので、やっぱり埼玉でも少子化の波は押し寄せているようです。

d0209553_17125040.jpgさて、今月はベーグルだったよ。
大体毎年、春にベーグルをすることが多いのですが、毎年微妙にメニューを替えています。
今年は胚芽ベーグルチョコベーグルクランベリー&ホワイトチョコチップの3種類。
最後のは、つまりウチに賞味期限のやばめなクランベリーとホワイトチョコチップがあったから、とりあえず女子人気の高い組み合わせだし、在庫一掃しちゃおう、というケチな魂胆で。
しかもこれが、目論見どおり超人気。
クランベリー&くるみにしようかと思っていたけど、こっちにしてよかった〜♪

でも、写真では、左側に隠すように置かれている、しおしお状態のヤツなんです。はっはっは。
チョコベーグルの成型をしていたら、オーバーしてしまったよ〜
時間計算のミスですな。
生徒さんは温かく許してくれたけど・・・我ながら不覚。
6回やった中で、こんなにしおしおになってしまったのはこれだけだったのですが、よりによってカメラを持って行った日だったとは。
私が疲れているのか、気温が高いのか。

今月は、例の黒ごまスティックを全ての授業でオマケでやって、すんごく好評だった!
糸井さん、ありがとう!!


さて、さとみなさんちの弁当が載っていたので、私も真似してこの間の日曜ランチ。

d0209553_17424220.jpg

あ、1人分じゃありませんよ!
3人分です。ダンナと息子1、2の分。
バンズは85g前後の分割。パテは大体80gぐらいのお肉+玉ねぎその他。
塩味と照り焼きで、塩の方はアボカドも入ってます・・が、誰も気付かなかったようだ。


最近、お休みしていたあの方や、入院されていたこの方のブログが復活して、うれしい限り。
私も、も少し更新できるといいな。
ポケモンのパールもでんどう入りを果たしたことだし・・・(←これが停滞原因の本命)
[PR]

by salix-kyo | 2012-06-02 17:59 | 教室
2011年 12月 11日

土曜日のゆるゆるパン教室

昨日の土曜日は、急に入ったパン教室がめぐみ助産院でありました。
ううっ、モンハンの発売日だった・・・
二家族で、大人は2人だけど子供は6人という、サファリランドみたいな教室でしたよ♪ 
クリスマスの週に、同じメニューで大人数ですることがわかっているので、今回はやや予行演習ぎみに、段取りもあまり付けずに始めたら、やっぱり手際が悪いというか集中力に欠けたクラスになってしまいました。

d0209553_620542.jpg泉屋のクッキー風味のジンジャークッキーに穴を開けておいて、焼き上がってから穴にキャンディを粉にしたものを詰め、2〜3分オーブンで温めて溶かすと、ステンドグラスクッキーの出来上がり!
本当はもっと大きく作って、装飾的な感じにすると見た目はキレイなんですが、実はキャンディ部分が多いと食べにくい(というか、口の中にアメだけ残って次のがなかなか食べられない)という欠点があります。

クッキー生地は割と硬めのものの方がいいようです。
オーナメントにもなるみたい。
中のキャンディはサクマドロップです。
厚手のポリ袋(先日も活躍していたヘイコーの、0.08ミリのもの)に入れて、フランスパン天板の上でかなづちでガンガンたたかないと、粉々になりませんよ〜
d0209553_635680.jpg
できたてを試食中。
食べてる時は静かなんだけどね。
腹黒いオトナな私は、こんな風景をみても和まず、21日の手順や段取りを付けていましたよ。


d0209553_6384619.jpg本日のメインのゴマチーズバンズ。
プロセスチーズとレッドチェダーチーズの2種類が入っています。
細長いのは、ランチ用のホットドッグロール。大きいのは大人向き、小さいのは子供向き。
ちょっと違う成型を入れると、応用できるようになりますよね。
それに、助産院なので入院患者さんにもパンをお出しするのですが、チーズはおっぱいが詰まって乳腺炎の原因にもつながるので、ランチ用にはなるべく避けています。

ランチの写真、撮り忘れた・・・


d0209553_6481568.jpgお昼の後は、お待ちかねのカップケーキデコレーション。
お昼の後片付けをしている間、野生を発揮していた子供達も、こういう時は敏感に察知してわらわら集まってくるわけです。
d0209553_6545840.jpgママと力を合わせて作った作品達。
全部集合させて・・・
d0209553_6545245.jpg記念撮影!
やっぱり食事の後にデコレーションして正解でした。
ゴハン前にやったら、ごはん食べなかったよね〜
大人は我慢がきく(・・かな?)けど、子供は目の前のものしか見えないからこそ、準備と段取りが大事です。
幼稚園、保育園、小学校の先生方、いつもありがとうございます!


私のつたないアイシングクッキーも喜んでいただきました。
あとは小枝マーブルチョコに活躍して頂いて、なんとか形になったかな??

・・・今、マーブルチョコのリンクを張ろうと思って明治製菓のサイトを見ていたら、すごーく便利そうなアイテムがあった!!
私がよく行くスーパーにはこんなのなかったよ〜
他のスーパーを探そう・・・
次回、新アイテム登場なるか??
[PR]

by salix-kyo | 2011-12-11 07:27 | 教室
2011年 11月 21日

「きれいのたね」へ行ってきました

今日は松戸にある、「きれいのたね」というオーガニックサロンへ行ってきました。
d0209553_23104277.jpg


ウチの教室へ来て下さっている方の関係者がこちらに関わっていて、パンの先生を捜しているので、声をかけていただきました。
この写真は7階建てのビルの1階で、 キッチンスタジオがあり、毎月色々な教室が開かれています。
上の方の階ではヨガ教室もやっているそうです。
松戸をベースに30年以上家を建て続けている早稲田ハウスさんのご協力で、健康や環境をコンセプトにしたサロンを展開している・・・らしいです。・・・私にはまだ全貌は見えていませんが。

d0209553_22245853.jpg実は、松戸と聞いて
「遠い・・・どうやって断ろう・・」
などと(フトドキな事を)考えていたのですが、行ってみると案外近かったのと、スタジオに伺い、お話をしたスタッフの皆さんがとても気持ちの良い方だったので、これならできるかも、と思い直しました。
10年前の私なら、こんなキッチンが欲しくてたまらなかったでしょう。
今はある物を楽しむ、というモードなので(枯れてる? トシか?)以前ほどの物欲はないのですが、でも、こんな素敵な所でお料理できたら、きっと楽しいだろうなぁ。
ウチは築30年なので、設備が古いのです。本当はリフォームするべき時期なんですが・・・


d0209553_22244146.jpgキッチン側から通り側を撮った写真。
真ん中のテーブルは打ち合わせに使いました。
とても大きなテーブルで、ちょっと節があったりして、そこがまた良い感じでした。
木だって柾目だけでできているわけではないしね。

ハーブティが各種用意してあったり、小さい人を持つお母さんに色々配慮してある部分が見えて、私が関わっている助産院とも共通するポリシーのようなものを感じました。


打ち合わせで、参考までに助産院で作った過去のメニューを見せると、なんだか異様な盛り上がり。
サロンのコンセプトが「オーガニック」で、今まで天然酵母のパン教室しか開かれていないせいか、「一般受けするパン」のメニューがとても新鮮だったようでした。
特に肉まん・あんまんに対する執着(?)が激しかったので、もしかすると初回は肉まんになるかも・・・。
まぁ、私は「質より量」と「お手軽に」が芸風で、それ以外のこだわりはあんまりないから肉まんでも全然かまわないんですが。
多少うまくできなくても、
「大丈夫。食べて証拠隠滅。」
が合い言葉だし。
初回は2月になりそうだし、季節的にも丁度いいかも。

春以降、自宅教室の人数が減っていたので、ちょっとトホホな感じだったけれど、ここへ来てまた違う風が吹いてきたみたいだね?
[PR]

by salix-kyo | 2011-11-21 23:08 | 教室
2011年 05月 22日

土曜日のパン教室

一昨日の疲れも癒えぬうち、今日も助産院でパン教室でした。
d0209553_2352393.jpg

今日は大人2人+小学2年のwakaちゃん。
wakaちゃんはこの助産院でうまれためぐみっこです。

d0209553_23152495.jpgママが助産院のホームページを見て、今日のパン教室に参加して下さいました。
3〜4歳ぐらいだと、お手伝いしたい気持ちは強いけど、なかなかうまく出来ないのが常なのですが、さすが小学2年ともなると、とっても上手!
丸めるのは、生地が硬いのと、ちょっと分割が大きいこともあって苦労してましたが、成型はバッチリ!
もしかしたらママより伸ばすの上手いかも?!
学校で粘土伸ばしてるからかな?
ほとんど助けも必要なく、ママより早く成型してくれました。

d0209553_23172851.jpgプレーンベーグル
今日は人数が少なかったので、粉500gでこねました。
この生地だけ鳥越のフランス粉。
他の生地はスーパーカメリヤを使っています。
砂糖の配合が少ないので、焼成温度はやや高めの200℃。
うちのオーブンだったら180℃。
ガスオーブンでも、やっぱり機種や個体によって温度のバラツキがあるのです。
電気よりは高い温度が出しやすいのは確かですけれども。

d0209553_23245157.jpgブルーベリーベーグル・チーズクリームトッピング
今日の午後は両親学級がある、ということで、45gの小さい分割のものも12個作ったのですが・・・
みごとにトッピングが流れてしまいました。
トッピングについては要研究。

d0209553_23371441.jpgランチのベーグルサンド
ホントはトマトバジルベーグルもあったのですが、写真のピントが合ってなかった・・・
オレンジ色の生地にドライバジルの斑点が入っていて、そのままのと角切りチーズを入れてピザチーズをトッピングしたのとあったのですが・・・
しかも、1個だけチーズの入っていないのにもトッピングのピザチーズを乗せてしまったので、ランチの時はロシアンルーレット状態。
盛り上がること、この上ありませんでした。
結局、スカは誰も引き当てず、お土産の中に忍び込んで行きました。
う〜む、外れ(当たり?)はどっちだったんだろう?

d0209553_2337204.jpg

家に帰ると上の子のお土産がテーブルに!
これがウワサの新座ベーグル?!
新座駅や志木駅周辺で、たまに移動販売しているベーグル屋さんがある、という噂を以前聞いたことがありました。
ある人は、「いつ売ってるのかよくわからないけど、自転車でくるんだって」
またある人は、「すっごい行列が出来るんだけど、1時間ぐらいで売り切れちゃうみたい」
と、なんか伝説のようなベーグル。
上の子は、誰かが買ってきたのを、お裾分けで頂いたことがあり、
「すっごくおいしかったよ」
という感想。
売っているベーグルはほとんど食べたことがないので、地元でもあるし、一度たべてみたいなぁ、と思っていたのです。
教室ランチでは、私はあまり試食できないので、タイミング的にもちょうどよかった!
でも、ベーグル3周り(小さいのも合わせて50個ぐらい)作って、帰って来てまたベーグル食べている私って・・・


[PR]

by salix-kyo | 2011-05-22 00:08 | 教室
2011年 05月 19日

5月の助産院パン教室

今日は、助産院のパン教室でした。
今月はベーグル大会と決めていたのですが、やってみて気が付いたことが一つ。
ベーグルって、歩留まりが悪い!
粉量に対して水が少ないので、同じ粉600gでも、出来る数がいつもより少ないのです。
分割も(世のベーグルに比べれば小さいほうですが)60gぐらいと、ちょっと大きいし。

なんで数にこだわるかというと、なんと今日は7人もお客様が来て下さったうえに、看護学校の学生さんも4人もいて、入院患者さんやスタッフを含めると16人!! という大所帯だったのです。
これだけ頭数が多いと、分割の個数の違いはけっこう大きい。
人数を3人と4人に分けて別の日に、という手もあったのですが、色々と組み合わせなどもあり、
「なんとかなるだろう」
という安易な気持ちで臨んだところ、かなり大変な1日で、来て下さったお客様(特に初めての方2人)に十分目が行き届かず、申し訳なく思っています。
結局、ベーグル3種類以外に基本の生地でハムロールとマヨネーズロールも作り、それでもいつもよりお持ち帰りは少なくて、残念でした。
d0209553_21461988.jpg

ランチのベーグルサンド
実はカメラを持って行くのも忘れて、助産院のIkuちゃんが撮ってくれた写真をいただいて載せています。まぁ、あの状況ではカメラがあっても撮る余裕はなかったと思いますが。
いつもの写真にくらべると、整っているというか、すっきりしているというか。
いつもはペンタックスK10Dのボディに、とっても古いフレクトゴン35ミリ(東ドイツ製! フィルムカメラ用のレンズなので、実際の画角は50ミリ)というレンズを付けているので、写真がなんとなく黄色っぽいのです。
私の写真がなんか古くさいような撮れ方なのは、きっとレンズのせいよ!
ちなみにIkuちゃんのカメラはEOSです。

d0209553_21462397.jpg

昨日も試作したブルーベリーベーグル
ようやく配合が決まりましたよ!
ブルーベリー30%に対して、水は40%。
解凍したブルーベリーの7割を粉に混ぜて初めからこね、残りの3割(あくまで目分量)を最後の5分ぐらいで混ぜ込みます。結局潰れてしまうんですが、ささやかな抵抗ということで。手でこねる場合、相当根性いりそうです。
後から入れる分はドライでもいいかも。
上の白っぽいのは、チーズクリームです。アトリエ ブルンネンさんのレシピを参考にさせていただき、少し配合を変えてあります。
焼いている途中で、トッピングします。
女子のココロをわしづかみ! ・・・できたかな?
[PR]

by salix-kyo | 2011-05-19 22:50 | 教室
2011年 05月 02日

4月のめぐみパン教室

2週間ほど、出掛ける用事が多かったり、家にいる時PCが使えなかったりで、ずっと更新できませんでした。
来て下さった皆様、申し訳ありません。
以前も少し書いたことがあるのですが、私はあまり丈夫ではないので(そうは見えないらしいのですが)午前から昼頃まで2〜3時間出歩くと、午後は疲れて、2時間ぐらい昼寝しないと夕ご飯が作れないぐらい消耗してしまうのです。
毎日外で働いて、保育園までお迎えに行って、夕ご飯作ってブログアップしている方、すごいです。
私は無理です。寿命縮みます。

そんなこんなでいつの間にかゴールデンウィークに突入していました。
これは先週の木曜日の写真です。
d0209553_1511320.jpg


めぐみ助産院のパン教室風景。
3月は幼稚園のお姉さんがいっぱいでしたが、今回はママと下のお子さんだけだったので、落ち着いてできました。
看護学校の学生さんが保育をしてくれたので、助かりました。ありがとうございました。

助産院にはわりとよく看護学校の学生さんが実習に来ています。
ただ、出産は一定の期間に集中することが多いので(月の満ち欠けに関係している)あるグループは実習期間(2〜3日?)の間に3件もお産があったのに、別のグループは1件もなく、入院もなくて新生児も見られない、という残念な場合もあるようです。
今は太陽暦だから、月の満ち欠けを見て実習期間を組むわけにもいかないのでしょうが。
病院だと、計画出産で促進剤を使って平均的に出産件数をならす、なんていうこともしているようですが、助産院はママと赤ちゃんの手助けをするというスタンスなので、身体のリズムが優先なのです。
もちろん、異常があれば提携病院にすぐ搬送するので、心配はありません。
第3、4週の木曜日に入院していると、ランチに教室のパンが出ますよ〜

d0209553_1528732.jpgさて、これが出来上がり。
右は白パン四つ葉の白あんぱん。以前試作したようにできました。
今回は、ちゃんと抹茶あんに火を通しましたよ!
左はパン・オ・レ。試食用なので、切ってあります。
牛乳でこねた生地で、中にチーズが入っているのと、プレーンなのを作りました。
予告ではこのグループはベーグルにする予定だったのですが、前の週の初心者で手ごねをした人達から
「ベーグル、やりたい!」
と強い要望が出たので、急遽メニューを変えてこのパンにしました。
なので、5月はベーグル大会の予定です。

翌29日は助産院の先生のお誕生日会でした。
カメラ持って行ったのに、写真撮るの忘れました。
本当は30日がお誕生日なのですが、毎年29日にやっています。
助産院で産んだ方、もうすぐ産まれそうな方、子供も合わせて40人ぐらい??集まりました。
私もお邪魔して、ちゃっかり営業活動もしました。
翌30日の予約が一人だったので、(ゴールデンウィークだってことを忘れて入れていた)けっこう切実だったのですが、一人、
「行きたい!」
と手を挙げて下さった方がいて、しかも友達まで連れてきてくれた!
ありがとう! また来てね〜

[PR]

by salix-kyo | 2011-05-02 16:00 | 教室
2010年 12月 28日

助産院のパン教室

d0209553_001976.jpg
先週の木、金、土は、三日連続で助産院のパン教室がありました。
メニューは、
  ・パネトーネ
  ・コルネツリー
  ・ウィーン風バトン

の3種類。普段は2種類なのですが、パネトーネは紙型に入れるだけだし、コルネツリーもお菓子系なので、食事用にウィーン風バトンを入れました。


パネトーネは紙型に入れるだけ・・・なので、簡単かと思いきや、これがなかなか色々あって・・・
紙型を大と中の2種類用意してあったのですが、大きさの違いがあまりなくて、金曜日は間違えて大の生地を中の紙型に入れてしまったり、発酵が遅くて仕上げ発酵に2時間近くかかったりと、思わぬ事態が続出でした。

d0209553_0194395.jpg


焼き上がり〜 これは木曜日の写真ですが、この日はまだ発酵の見極めが甘く、あまり上がっていません。あと20〜30分待てば良かったのですが、どうしても焦って早く焼いてしまい、やや発酵不足の焼き上がりでした。
パネトーネは、忍耐が必要なパンでした。


d0209553_0175413.jpg
こちらはウィーン風バトン。手前は焼く直前のコルネツリー
実は、ビゴさんの本に出ていた「プティ バゲット ヴィエノワーズ」というパンを丸写しにしようと(あまり宜しくないことを)思っていたのですが、試作してみるとやや私の好みとは違ったので、かなり配合を変えました。
なので、一応オリジナルと言えるでしょう。

ウィーン風バトンの配合
  強力粉    210g
  薄力粉    90g
  イースト    5g
  砂糖     30g
  塩        5g
  バター    30g
  卵      39g
  牛乳     171g
20分ほどよくこねて(こね上げ生地温30℃)40分一次発酵。
120g又は60gに分割して丸め、15分ベンチタイム。
麺棒で軽く伸ばして90°向きを変え、奥から巻き込み、棒状に細めに伸ばす。斜めにクープを細かく入れてから仕上げ発酵を30分とる。
焼成は170〜180℃で12分程度。

軽くて、バターと牛乳の風味たっぷりで、とてもおいしいパンです。砂糖の分量は、好みでもう少し減らしてもいいかも。

d0209553_2359798.jpg


助産院のパン教室は、こんな感じで小さい人たちもまぜまぜ。
小さい人たちはお腹がすくのもトイレも待てないので、可能な限りそちらを優先にして、パン生地に待ってもらいます。パン生地が待てない時は(夏に多い)ゴメンナサイ! で成型やらトッピングやらしてしまいますが、なるべく丁寧にフォローするよう、心がけています。

金曜日は、幼稚園のママ友6人と幼稚園の小さいお姉さんたちと未就園児で、小さい人が大人の倍もいました。(写真撮ってる余裕なし)
でも、女の子たちは沢山いてもそれなりに収拾がつくし、幼稚園生はちゃんとお手伝いできるので、(ママ達は大変そうでしたが)総勢18人(!)でも大丈夫でした。

土曜日は日頃学校に行っている小学生も加わって、前日とはまた違った様子。何人かはサンタさんのプレゼント持参。大きいお兄さんはちょっとつまらなそうで、早々に携帯ゲームとにらめっこしてました。
土曜日の教室は働くママが多いので、みんなパワフル。「貪欲に楽しみ、吸収する」という感じです。

これが今年の仕事納め。今年もいろんなパンを作り、様々な出会いがありました。
来年も、パンを通したいい時間を共有できるといいなあ。
[PR]

by salix-kyo | 2010-12-28 01:45 | 教室