一粒の麦

salixdays.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:音楽( 1 )


2011年 06月 17日

吉田 愛さんのコンサート

6月15日、外神田にある神田キリスト教会で、吉田 愛さんとご主人のアレックス・ガイさんによるランチタイムコンサートがありました。
愛さんはイタリア・ドロミテ渓谷在住のオルガニストで、ブログで仲良くして下さっている方です。
私が個人的に描いていたマンガを差し上げたり、レコ芸で特選盤となったCDをいただいたり、というブログ外でのお付き合いはあったものの、本人に会うのは初めて。わくわくしながら行きました。

d0209553_149385.jpg丸ノ内線・御茶ノ水駅から昌平橋方面に下り、外堀通りより1本秋葉原側の道を少し行くと教会の入り口があります。
付近はもうアキバ感が渦巻いていて、メイドカフェの呼び込みはあるわ、中古電気製品はたたき売られているわ、巻きコード山積みの店はあるわ、オシロスコープかかえたおじさんが歩いているわ・・・
私的にはコード屋とベアリング屋がツボでした。
なんか、ケバブ屋が大繁殖していた・・・アキバ名物なのかな?
d0209553_1413147.jpg
神田キリスト教会入り口。
ランチタイムコンサート、ということで曲は4曲。J.S.バッハ、モーツァルト、ホミリウス、J.C.バッハ(息子バッハの一人)だったけど、知ってる曲は1曲もなかった・・・
オルガンは20ストップで、ウチの教会とほぼ同規模のはずなんだけど、小さく感じました。
教会自体も100席程度のコンパクトな大きさで(立地を考えれば当然)オルガンも壁に組み込まれているタイプだったのでそう感じたのかもしれません。多分、見えない所の方が大きいのでしょう。
礼拝堂の音響はデッドな感じで、オルガンの音が直接聞こえてほとんど残響はありませんでした。ちょっと残念。
愛さんの演奏は、はつらつとしていて、とっても素敵でした。オルガンの連弾って初めてきいたのですが、しっかり息が合って、より多くの音の重なりを聞けました。鍵盤があと1段多いと、更に音色のバリエーションが増えるのかな?
しかし、オルガンの鍵盤幅ってピアノより狭いのに、よく並んで弾けるなぁ・・・

d0209553_14305590.jpg演奏後、愛さんとご対面。
私が名乗ると、
「マンガそっくり」
と言われ、超ウケていた模様。(私自身が出てくるマンガなのです)
演奏旅行中なので、もしかしたらパンは止した方がいいかな? と思ってクッキーとシフォンケーキを差し入れました。
パッケージには全く凝らないので(捨てる物には金はかけない主義)ひどい有様ですが、喜んで下さったようです。よかった。


コンサート後は、西麻布のギャラリーEMへ。
d0209553_14381980.jpg

知り合いの写真家・永嶋勝美さんと、藤井英男さんの写真展を見に行きました。
永嶋さんは20年以上前からの知り合いですが、藤井さんは初めてお目にかかりました。ファッション写真界の大物・・・ということですが、見た目はニコニコしている普通のおじさんでした。お酒好きらしく、チーズクッキーが超ウケていた。
d0209553_150923.jpgお二人とも自動車が好きで、50〜60年代のクラシックカーをテーマに、モノクロで撮られています。好きなことは仕事にしない人の、全力で遊んでいる写真です。
ルマン・クラシックの写真なんか、ファンジオやホーソーンが写っていそう。(すいません、わかんないですよね、自動車レースなんて・・・車も鉄もミリも好きなの)

d0209553_1571645.jpgギャラリーの看板娘、エミリーちゃん。
今回は眠そうで、あんまり遊んでくれませんでした。

帰りは渋谷から副都心線。疲れてずっと爆睡でした。

[PR]

by salix-kyo | 2011-06-17 15:28 | 音楽