一粒の麦

salixdays.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:料理( 4 )


2012年 02月 13日

久々、自宅パン教室

今日は10日ぶりぐらいに自宅教室でした。
先週はもともとほとんど予定が入っていなかったのですが、風邪が後を引いていたので結果オーライというか、空いててよかったというか・・・
メニューはデニッシュとバターフレーキーだったのですが、またもや
「お疲れ様でした〜」
と生徒さんを送り、ドアを閉めた瞬間写真を撮るのを忘れた事を思い出したのでした。あ〜あ。

授業で折り込み3回やったのに、自家用にもう1ラウンドクロワッサンの生地を仕込んだはいいのですが、途中息子が帰ってきて(大学は学生の期末テスト期間)お昼ごはんを要求されたり、うっかり行った任天堂の最新情報で「社長が訊く」(私の愛読サイト)に引っ掛かっちゃたりして、5時頃ようやく3回目の折り込みです。これじゃ写真は間に合いませんな・・・

d0209553_17225069.jpgそんなわけで、今日はパン写真はなしです。
その代わり、と言ってはナンですが鍋だ。
なんも代わり映えしない鍋ですが、今年のうちの鍋のトレンド(?)はすいとん。
場所によってひっつみとかへちょこ団子とか色々名前はあるみたいですが、すいとん。
実は私、すいとんが苦手で、作ったことがありませんでした。
というのも、うちのハハがですね、すいとんをクリームシチューに入れるという和洋折衷の高度なハイテクニックを繰り出してくれたおかげで、私ず〜〜〜っとすいとんに対してかなりひどい偏見があったんです。
だって、シチューにすいとんですよ? じゃがいもだと思って食べると柔らかい、あの裏切られ感がずっと後を引いていたのです。
でも、何年か前にほうとうを食べたり、出先でおすましに入ったすいとんを少し頂いたりして、悪くないかも、と思って鍋に入れてみたのです。
そうしたら、男組の食いつきがハンパなくよかった


d0209553_17224831.jpgおかげで今年はほとんどすいとん入りの鍋となっています。
出先で頂いた時作り方を聞いたら、
「小麦粉だけじゃなくて、片栗粉を2割ぐらい入れる」
ということでした。片栗粉を入れることによって、つるっとした食感が得られるのだそうです。
何度かつくっているうちに、ちょっとひらめいたのは、
「もともと地粉で作られていたものだよね?」
ということ。
そこで、あの使いづらいと有名な(?)江別のERを2〜3割加えると、これがなかなか良かったのです。
みなさん、持て余したERは、すいとんに混入しましょう!
結局おおまかな配合は
 薄力粉:ER:片栗粉=5:3:2  で、それに塩1つまみです。水は適当。
多分、農林61号とか、南部小麦とかでもいいと思います。



d0209553_17225481.jpgこれはうちのパンを冷ますカゴです。
この間、久々に洗ってさっぱりさせました。
これは10年以上前に群馬県中里村(現神流町)の恐竜センターへ行った時に買った物です。
1回行って小さい方を買い、次の年にもう一度行って大きい方を買いました。
本当はもう一つほしいのだけど、今は車がないし子供達もそういうお年頃でもないので、もう買えないんだろうなぁ。
売ってる人が、作れる人があまりいない、当時言ってたし。
もう売ってないかもしれない。
先日おうちを建てるランキングから飛んだ所にカゴの話題が出ていたので(どこだったか既に不明)私もちょっと書いておきたいと思いました。
地元の竹を組んだもので、とても丈夫です。
教室には専用のパンかごも売ってますが、こっちの方が国産! というオーラがにじみ出ております。
[PR]

by salix-kyo | 2012-02-13 17:55 | 料理
2011年 04月 12日

チーム☆クランペット

3月の終わりに、nanaさんのブログに「クランペット」というお菓子が紹介されていました。
クランペット・・・私にとっては、イギリスの子供向けの本にたまに出てくる、名前は知っているけれど、正体不明のたべもの。
その実体は、イーストでふくらませるパンケーキ。
積年の疑問一挙解決の日でした。

考えてみると、物語に出てくる食べ物は、イギリスの子供達がいつもよく食べているものだから、それについての解説なんか、書いてあるわけないんですよね。
日本の物語におむすびの説明が書いてないのと同じです。
でも、子供の頃に読んでいたお話の中に出てくる、よくわからない食べ物の実体が判明したのは25歳を過ぎた頃からでした。
子供の頃は、何を想い描いてその場面を読んでいたのかな??
クランペット、ミンスパイ、パーキン・・・日本の子供にはイメージするのが難しい食べ物の数々。

d0209553_1303816.jpg

こちらが、nanaさんのレシピを参考に作ったクランペット。
一見パンケーキ風ですが、もっともちもちした食感で、味もとてもあっさりしています。

nanaさんの、チーム☆クランペット結成! の呼びかけに答えたkotamiyaさんのガレット風やクレープ風を横目で見ながら、まずはシンプルで小さめの、フツウのやつを。


d0209553_1311861.jpgこっちはセルクルを使って厚めに焼いたもの。
火が通りづらいかな? と思ってフライパンにフタをして焼きました。
右奥にちょっと見えるシフォンナイフで型から外した時、周りがボロッとしてちょっと残念。
ショートニング、塗ったのになぁ・・・

d0209553_134366.jpg現在焼いてます、の図。
上の写真と順番が逆だったかな?
細かいことを気にするのは止めよう!
底はカリカリ、中はもちもち、香りはなんだか中華まん?
薄焼きのパンケーキ風とはひと味違ったおいしさでした。
ちなみに、私は粉の2割をフランスパン用の粉に変えて作りました。
・・・いえ、ちょっとでもフランスパン用粉を消費しようと思って。

ここまで書いたところでHOSIZORA DININGの舞美さんのところへおじゃましたら、
 トマトクランペットでサラダガレット
なんてものが。
すごいオリジナリティ・・・
しかも美味しそう☆

子育てしながら会社で仕事した上に、美味しそうなお料理を作ってブログにアップするなんて。
みんな、えらいよ!!

[PR]

by salix-kyo | 2011-04-12 13:50 | 料理
2011年 02月 22日

今日は味噌の日

もう十年くらい、冬に味噌を仕込んでいます。
買うと結構高いものにつくし、麹を買えばほとんど失敗がないので、1年に1日だけ頑張って仕込んで、あとは麹かび(もやしもん的にはオリゼー)たちに働いてもらっています。今年は大豆2㎏、麹2㎏で仕込みました。ここ2年ほど3㎏づつ仕込んでいたのですが、少しあまり気味だったので減らしました。
朝、水につけた大豆を見たら、まだ給水が十分ではないようだったので、もう少し待って10時半頃から煮はじめたので煮上がりは3時頃でした。
少しさましてから豆をつぶそうかと思っていたら、消防車の音が。
ウチの前の通りは救急車通りで、しょっちゅうサイレンを鳴らせた車が走っているのですが、今日はいつもと違う方から音がしたので、ベランダに出てみると・・
d0209553_054933.jpg

なんとかなり本格的な(?)火事
うちからは1㎞ぐらいは離れていたようなのですが、去年の年明けにもご町内で2件の火事があったので、また今年も火事の煙を目撃してしまいました。(去年の火事はすごかった。)
消防車が通って少ししてから煙はおさまったのですが、どんな状況なのかわからず心配です。


d0209553_23583045.jpgさて、2㎏の豆をつぶすのに使うのは、パンのベンチタイムに使う番重というプラスチックの箱。これが平らで大きくて使いやすい。それからポテトマッシャー
番重を床に置いて、体重をかけてマッシャーでつぶすと、それほど苦もなく2㎏の豆が粗めのペーストになります。
ヒマな息子にさせようと思っていたら、こういう時に限って昼寝してるし。チッ。

d0209553_0295360.jpgこちらは塩切り麹
1㎏の麹に460gの塩をなるべく均一になるように混ぜておきます。
これを2単位作って、さっきの大豆ペーストに混ぜ、ゆで汁で固さを調整します。
あとは、ソフトボールぐらいの大きさに丸めた味噌を、容器に打ち付けるように詰めていきます。
このへんの工程は手がねたねたなので、写真は撮れませんでした。スタートが遅くて暗くなっていたし・・・。
最後に残った塩を上に振って、ラップで表面を覆ってから蓋をして、あとは9月まで見ない振りをする!
上下返すとか、上に重しをのせるとか、いろいろ人によってあるようですが、私は何もしません。
9月に開けて、かびがはえていたらそこだけ除いてできあがりです。

私は乾燥麹を買うので寒仕込み(厳密には立春前)ですが、知り合いのお祖母様はご自分で麹を作るので、6月頃に仕込むそうです。麹の花が咲く、という状態を自分で作れるなんて、すごい!

[PR]

by salix-kyo | 2011-02-22 00:59 | 料理
2011年 01月 27日

ナベが壊れた!

昨日、ナベが壊れてしまった・・・
d0209553_14161540.jpg


結婚して二十数年、使い続けたナベでした。
ビタクラフトだから丈夫だと思っていたのに、甘かった。
ほうれん草をゆでこぼそうと取っ手を持った途端、
ポッキリ折れました。
運んでいる途中じゃなかっただけよかった。
持ち上げた次の瞬間だったら、絶対ヤケドしてた。
・・・でも、やっぱりショック〜 使いやすかったのに・・・

本体は無事なので、しばらくはご飯炊いたり煮物を作ったりに使おうと思いますが・・・
入試時期でゆきちに羽が生えて飛んでいってるというのに・・・あぁ・・



[PR]

by salix-kyo | 2011-01-27 14:26 | 料理