カテゴリ:生活クラブ( 1 )


2011年 01月 08日

女3人新年会

昨日は、生活クラブで知り合った友達のひさごんとmiroさんと、女3人で新年会でした。
そのためのお土産を、おとといつくりました。
d0209553_2315828.jpg


これは、お正月用に作ったロールケーキと同じもの。
スポンジは藤野真紀子先生の、ベルーエ・コンセイユのスポンジ。
「語り継ぐお菓子たち」(文化出版局)という本に出ていた、ビュッシュ・ド・ノエルの配合です。何年か前にNHKの「今日の料理」でクリスマスのチョコレートケーキとしても紹介されていました。
クリームは、生クリームにサバトンのマロンペーストを(適当に)混ぜたもの。中のクリは、年末近くに八百屋に出る、「石鎚」という品種のクリを甘煮にしてあります。
このスポンジは本当においしいレシピなのですが、別立てだったり卵白が余ったりとちょっと面倒なので、とっておきの時にだけ作るのです。いつものロールケーキは、卵3個で共立てです。

d0209553_3102547.jpgこれも藤野先生のレシピを参考にしつつ、卵白が余らないように配合を少し変えて作ったフルーツケーキ。
ドライのあんずとプルーンとレーズンとドライのイチジクが入っています。
このケーキは個装ににしました。


d0209553_315187.jpgご覧のとおり、センスも何もないようなひどいラッピングですが。
右は当日の朝に作ったウィーン風バトン。12月の助産院のパン教室のメニューで作ったものです。



d0209553_3234231.jpg


これはウチ用のフィナンシェ。
フィナンシェと聞いて、ピンと来る方も多いと思うのですが、12月にパネトーネとカスタードとパンドーロを作りまくったおかげで、冷蔵庫には卵白がちゃっぷんちゃっぷんしているのです。
このフィナンシェで160g消化したのですが、まだ500g分ぐらい冷蔵庫の中で待機しているヤツがいます。・・・どうしよう・・・ロールケーキでまた1個半卵白が余ってしまった。
ウチでは、フィナンシェは「産業廃棄物最終処分場」と言っています。ひさごんには「その言い方、いや〜」と激しく嫌がられましたが。


ひさごんmiroさんは、何年か前に生活クラブ埼玉のホームページリニューアル委員会で一緒になって知り合いました。当時、私はネットにアクセスしていなかったのですが、知り合いの理事さんに泣き落としみたいな感じで委員にさせられ、「こんなんで、ええんかい?」と思いつつ、企画に参加してました。でも、参加すればそれなりに得るものがあるわけで、二人とも今では大切なお友達です。こんなことでもないと、お互いのおうちも遠い私たちが知り合うチャンスなんて、なかったね〜
もう一人、会いたい方がいるのだけれど、ご家庭の事情で今は身動きがとれないようなので、また状況がゆるすようになれば、会える日も来るでしょう。
二人ともネットの先輩なので、今までわからなかったエキサイト以外のブログやHPのリンクの張り方を伝授してもらいました。ようやくkojikoさんともリンクできました! ありがと〜☆

カメラを持って行かなかったので写真はないのですが、お昼はチゲでした。アサリが入っていて、おいしかった〜
3人とも完全に「持ってけばあさん系」(つまり、やたら食べさせたがり、やたらお土産を持たせたがる女性)なので、私も写真でアップしたように作りまくり、ひさごんはラーメン2玉鍋に入れたうえ、「お餅入れるの忘れてた〜」と恨めしそうに言うし(高校生じゃないんだから、そんなに食べられないよ)miroさんは「○○と××持ってくるの忘れたから送るよ」と残念そうに言うし・・・正月早々、食べまくりのしゃべりまくりで、パワー全開(もしかしてこれでも6分ぐらいかも)でした。
ひさごん、miroさん、また遊ぼうね〜
[PR]

by salix-kyo | 2011-01-08 04:23 | 生活クラブ