2013年 07月 08日

教室認定セミナー

d0209553_15285124.jpg


私の所属しているパン教室は、
会員の中でも個人会員と教室会員に分かれていまして、
まぁ、教室会員というのは
割と大きめの教室で、
先生を生み出すような方や
準師範、師範の認定を受ける方がなるものです。
年会費が倍になるし。

ビンボな私は
「最小の投資で最大の効果を」をモットーに、
師匠の鷹揚さにおんぶしながら
今まで個人会員でなんとか凌いでおりました。

でも、諸般の事情で、ウチから二人の講師希望者が出ることになり、
ついに私も教室会員にならざるを得なくなりましたよ・・・

いやまぁ嬉しいことなんですがね、
元々先生になるつもりもなく、
教室の中でランクアップしようという気もなかった上、
経費は上がるので、嬉しさは半分ぐらい・・だな。
本当は何年も前に認定受けるべきだったってのは
わかっていたさ・・・


というわけで、今日、行って来ました
石神井公園にある東京本校
あまりの暑さに外観撮り忘れなんですが、
パチスロ屋が入っていたり予備校が入っていたりの
ビルの2階なので、ビジュアル的には見どころはありません。
一昨年のマカロンセミナーに来て以来なので、2年ぶり。

今日認定を受けたのは10人で、
私と同じ川越の教室の方もいました。
試験科目の山食とあんぱんを作る合間に
書類の記入の方法や注意点などを聞き、
本校の校長先生の実技見本を見てから再度成型して、
山食を2本とあんぱん3個を作りました。

この間、試験を受ける人を指導するために、
川越の師匠に稽古を付けてもらっていたのですが
なんか相撲取りみたい?
やっぱりあやふやな部分が沢山あり、
どうしてその工程を経るのかがわかっていない
ナサケナイ自分を再発見したのでした。

やっぱり勉強し続けることは大事だな〜
正しい丸めと正確な麺棒の掛け方、
均一な押さえなど、一つ一つの工程が
きちんと出来ていないと、均一に伸びた山が出来ない、
という事を再確認しました。
山が片伸びするのはオーブンのせいじゃなくて、
芯が中心に来た均一な成型が出来ていないからなんだよなぁ。

d0209553_15282356.jpg作業や試食が一通り終わった所で、
認定証の授与式。
一人一人、教室名を呼ばれ、
校長先生から認定証を受けました。


d0209553_15285575.jpg焼きあがった2本の山食と
3個のあんぱん、他を袋に詰めて
無事教室認定セミナーは終了。

外は暑くて出たくない・・・
でも生活クラブの荷物が来るから早く帰らねば・・・
てな感じで、帰ってきました。


あんまり暑いから、新秋津〜秋津の乗り換え(5分ぐらい歩く)はパスして、150円ぐらい余計にかかる地下鉄(小竹向原)経由で帰ってきました。(行きもですが)
明日は中級の授業なのに、この暑さ。どうしよう・・・


本校の先生方、ありがとうございました。
今月は月末にサマーセミナーもあるので、そっちも楽しみだ〜
[PR]

by salix-kyo | 2013-07-08 16:21 | 教室


<< 7月のフレンチ講座      今日は・・・ >>